Photo by cinemacafe.net

写真拡大

リリー・フランキーと清野菜名が共演する『パーフェクト・レボリューション』が、9月29日(金)より公開されることが決定。本作は、『最後の命』松本准平が監督を務め、実話を基に型破りな究極の愛の物語を描く。
クマは身体障害者。幼少期に脳性麻痺を患い、手足を思うように動かせず車いす生活をしている。ただし、彼はセックスが大好き。身体障害者にとっての性への理解を訴えるために活動している。そんな彼が、ある日美少女・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず、生き生きとしているクマに、ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを証明するの!」ふたりの究極の恋愛が始まった。果たして、ふたりのこの革命の行方は――?

本作は、自身も脳性麻痺を抱えつつ、障害者の性への理解を訴える活動家・熊篠慶彦の実話に基づく物語を映画化したもの。重度の身体障害があり、車いす生活を送りながら障害者への誤解を解くために活動を行う主人公のクマを演じるのは、『そして父になる』『シェル・コレクター』『美しい星』などの話題作に出演するリリーさん。そして、そんな彼と恋に落ちる美少女・ミツ役には、『TOKYO TRIBE』のヒロイン役で脚光を浴び、『東京無国籍少女』『暗黒女子』などに出演する清野さん。今回は人格障害を抱えた風俗嬢を演じる。「生まれも性別も、職業も能力も、お金も年齢も、幸せには関係ない。世界に証明するの。本当の幸せを!」と障害のあるふたりは、周りに立ちはだかる壁をぶち壊して“完全なる革命”を成し遂げようとしていく。

リリーさんは、「友人の熊篠のいままでの活動と生き様が映画になると聞き、どんなカタチでも参加したいなと思いました。主人公は障害者でも、この映画は全ての人々が持つ障害と愛の物語です」とコメント。清野さんは、「役としてはとても難しさを感じましたが、松本監督と熊篠さんに色々聞きながら、自分が感じたまま思い切り演じました。このとき、ミツとあたしは一心同体だったと言い切れます」と話し、「リリーさんとはすごくナイスなコンビだったと思います。あんなに自分が一直線に突き進んでるのは初めての感覚でした」と語っている。

また、5年前に障害者の映画を作れないかと熊篠さんに相談されたことから今回の製作が始まったと明かす松本監督は、「障害を題材にするなら、明るく、楽しい、ポップな希望あふれる映画にしたい。難しい作業でしたが、ご本人の実話を基にすることにした途端、物語が勝手に紡がれていくのを感じました。大切な友人から預かった特別なラブストーリーを、最高のキャスト・スタッフで届けられることに歓びを感じています」とコメントを寄せている。

そのほか、ふたりの恋をそばで見守る仲間たちを、小池栄子、岡山天音、余貴美子らが演じる。

『パーフェクト・レボリューション』は9月29日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
【特別映像】清野菜名が昭和のアイドルに!内村光良監督も「フルコーラスで使いたい」
清野菜名のギャップが“鬼ヤバい”『TOO YOUNG TO DIE!』で赤鬼ベーシスト熱演
リリー・フランキー、俳優業に「まだ違和感」
【予告編】浅野忠信、バツイチ・再婚の不器用な父親に『幼な子われらに生まれ』
【予告編】実在の女医マチルダの崇高な行い…アンヌ・フォンテーヌ監督『夜明けの祈り』