“解散”SISTAR、感謝の気持ちをSNSに投稿「愛してる、ありがとう」

写真拡大

SISTARが4日、SBS「人気歌謡」のステージをもって活動を終了し、ファンにSNSで感謝の気持ちを伝えた。

この日、SISTARの公式Twitterに「7年間一緒にいてくれたSTAR1のファンの方々。いつも応援してくださってありがとうございます! 以上SISTARでした」という書き込みと共に、完全体の写真を掲載。

ヒョリンは「サンクス」、ボラは「We the b.e.s.t. sistar 以上SISTARでした! 愛してるSISTAR」、ソユは「愛してる、ありがとう」と、SISTARに対する愛情を表現した。

ダソムは「今日『人気歌謡』のステージを最後にすべての活動が終了しました。十分受け入れていると思い、笑顔でさよならを言えると思っていましたが、今日のステージは本当に短くて名残惜しく思いました。全力を尽くしましたがいつも未熟で、その未熟さを埋めてくれたのは3人のお姉さんでした。18歳で出会って25歳の今まで、お姉さんたちと一緒に成長しながら学んだ多くのことを糧に、私はこれからもっと良い人になろうと思います。どうか見守ってください。それから姉さんたち! 愛してます。今飲み会中ですが、後でまた写真をあげます」という書き込みでみんなに感謝の気持ちを伝えた。

“サマークイーン”や“音源強者”と呼ばれたSISTARは、ラストシングル「LONELY」で7年間の活動を終えて解散し、それぞれの道を歩むことになった。