映画『ベイビー・ドライバー』主演アンセル・エルゴート、音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス

写真拡大

映画『ベイビー・ドライバー』が、2017年8月19日(土)より新宿バルト9ほか全国の劇場で公開される。

『ベイビー・ドライバー』ストーリー

主人公は、天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。幼少期の事故の後遺症で激しい耳鳴りを持病に持つ彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。そんな彼の最高のテクニックを発揮するための唯一無二の小道具は、完璧なプレイリストが揃っているiPodだ。

ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は、犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし、彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられたことから、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

主人公ベイビーにアンセル・エルゴート

主人公ベイビーには、その甘い顔立ちで世界中の女性を虜にした『きっと、星のせいじゃない。』『ダイバージェント』のアンセル・エルゴート、そしてヒロインのデボラには『シンデレラ』のみずみずしい演技が記憶に新しいリリー・ジェームズ。

またベイビーとチームを組むメンバーに、アカデミー賞主演男優賞を獲得したジェイミー・フォックス、TVシリーズ「MAD MEN マッドメン」で大ブレイクしたジョン・ハム、そしてその恋人役にエイザ・ゴンザレス。さらに、組織をまとめるボス役を、同じくアカデミー賞を二度受賞の大ベテラン、ケヴィン・スペイシーが務める。

劇中の個性的なキャラクターにフォーカスしたキャラクターポスターが解禁。主人公のベイビーをはじめ、ヒロインのデボラ、犯罪組織の一員バディ、その恋人ダーリン、凶悪な犯罪者バッツ、タフな強盗グリフ、そして彼らをまとめるドクの姿が収められている。背景には、各キャラクターのセリフが書かれていて、一見レトロにも見えながらも、斬新なデザインに仕上がっている。

エドガー・ライトがハリウッドの長編映画デビュー

監督はイギリスの新鋭エドガー・ライト。『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』などサイモン・ペグとのコンビで暴れまわってきた。エッジの効いたコメディセンスとヴィジュアルの魅せ方、そしてさまざまな映画の引用で、世界のファンから期待を集めている。

映画『アントマン』では原案・脚本を務めるなどしていたが、意外にもハリウッド長編映画としては今回が監督デビューとなる。

カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』?

主人公ベイビーは真っ赤なスバル・インプレッサを乗りこなし、軽快なロックミュージックとともに天才的なドライビング・テクニックを披露。クライム・ムービーに不可欠な大迫力のカーチェイスと銃撃戦に加えて、テンポの良い音楽とカーアクションがシンクロ。監督は映画について“ロックンロール・カーチェイス・ムービー”と話している。全編に流れる楽曲に合わせた台詞やドライビングシーンの作品構成で、“カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』”とも言われている。

驚異の評価で世界を騒がす

2017年3月に開催されたサウス・バイ・サウス・ウェスト映画祭でお披露目された『ベイビー・ドライバー』は観客賞を受賞。全米映画批評サイト、ロッテン・トマトではフレッシュ度が100%。通常、70%を超える作品が少ない中で驚異の数字をたたき出した。

作品情報

映画『ベイビー・ドライバー』
公開日:2017年8月19日(土)
監督・脚本:エドガー・ライト
製作:ニラ・バーク、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー
出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、エイザ・ゴンザレス、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス
原題:Baby Driver


[写真付きで読む]映画『ベイビー・ドライバー』主演アンセル・エルゴート、音楽鳴り止まぬロックンロール・カーチェイス

外部サイト

  • 映画『ジャスティス・リーグ』バットマン、ワンダーウーマンらによる最強チームが新たな悪と闘う
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』- エピソード8でジェダイは滅びるのか?
  • 映画『50年後のボクたちは』ファティ・アキン監督、14歳の少年2人の瑞々しい青春描くロードムービー