“ピアニスト”と“テクノ・アーティスト”2つの顔を持つフランチェスコ・トリスターノ、完全アンプラグドとなる日本公演を開催

写真拡大

 ルクセンブルク出身ピアニストのフランチェスコ・トリスターノによる日本公演が6月30日に開催される。

 名門レーベル<ドイツ・グラモフォン>から2枚のCDをリリースし、世界各国の著名オーケストラとも共演するなど、クラシック・ピアニストとしての活動で広く知られるフランチェスコ・トリスターノ。一方で、ジャズ・ファンク、ハウスなどのエッセンスを含む楽曲も多数リリースしており、2016年10月に東京・恵比寿で行われた【モントルー・ジャズ・フェスティバル ジャパン】でも、デトロイト・テクノ創始者のひとりであるデリック・メイと共演するなど、テクノ・アーティストとしての顔も持っている。

 約7年ぶりに東京・Hakuju Hallで行われる今回の公演は、会場の音響を生かした【アコースティック・テクノ アンプラグド・ライヴ】。オリジナル楽曲はもちろん、カール・クレイグ、デリック・メイのカヴァーをピアノのアコースティック音だけで表現するという完全アンプラグドでのライヴとなり、ヒロシ・ワタナベ「コスミック・シグニチャー」もオリジナル・ピアノ・バージョンで世界初演される。

 チケットは現在、各プレイガイドおよびHakuju Hallチケットセンターにて発売中。


◎公演情報
【アコースティック・テクノ アンプラグド・ライヴ】
日程:2017年6月30日(金)
時間:開場 19:00 / 開演 20:00
場所:東京・Hakuju Hall
出演:フランチェスコ・トリスターノ 
料金:前売 5,500円 / 当日 6,000円(共に税込/全席指定)
<プログラム>
《サークル・ソングス〜モーター・シティ・ピアノ》
●フランチェスコ・トリスターノ:ハロー (2007)
●フランチェスコ・トリスターノ:サークル・ソングス(2017)より ※日本初演
サークル・ソング 1、パストラーレ、グレイ・ライト、サークル・ソング 2、chandax
●カール・クレイグ:テクノロジー(1995)〜フランチェスコ・トリスターノによるオリジナル・ピアノ・バージョン
●フランチェスコ・トリスターノ:バルセロネータ・トリスト (2007)
●フランチェスコ・トリスターノ:メロディー (2007)
●ヒロシ・ワタナベ:コスミック・シグニチャー (2015)〜フランチェスコ・トリスターノによるオリジナル・ピアノ・バージョン※世界初演
●フランチェスコ・トリスターノ:グラウンド・ベース(シャコンヌ) (1993/4 rev. 2004)
●デリック・メイ:ストリングス・オブ・ライフ(1987)〜フランチェスコ・トリスターノによるオリジナル・ピアノ・バージョン
※約80分・休憩なし