5日、テニスの全仏オープン3回戦で、韓国期待の若手、鄭現が錦織圭を相手に大健闘したとのニュースが韓国ネットユーザーの間で話題となっている。資料写真。

写真拡大

2017年6月5日、テニスの全仏オープン3回戦で、韓国期待の若手、鄭現(チョン・ヒョン)が錦織圭を相手に大健闘したとのニュースが韓国ネットユーザーの間で話題となっている。

全仏オープンは4日に男子シングルス3回戦が行われ、錦織圭と鄭現が対戦。2日間にわたる激闘の末、錦織が7−5、6−4、6−7(4−7)、0−6、6−4のフルセットで勝利した。前日は雨により中断し、流れが鄭現へ傾いている中での順延となったことについて、錦織は「雨が降ってくれてメンタルを回復する時間があった。雨が降っていなかったら100%負けていた」とコメントした。

これについて、韓国のメディアは「韓国テニスの底力を見せた」「世界9位を瀬戸際に追い込んだ」「1泊2日の血闘、負けたが強烈だった」「韓国でのテニス人気アップに期待」「発展の可能性を確認した」などの見出しで一斉に伝えている。

報道に対し、韓国のネットユーザーからも「スポーツは流れも戦いの一つ。良い流れでの中断は本当に残念。でも今後に期待。錦織もトップ10に入れたのだから鄭現が入れないはずはない」「世界ランクはただの数字!。事実上は鄭現の勝利」「テニスの試合を見てここまで震えたのは初めて!鄭現選手ありがとう」「雨さえ降っていなければ…。錦織選手がいら立ってラケットをコートに叩きつけたシーンは圧巻だったのに」「実力で勝つ日が必ず来る」など鄭現の大健闘を称えるコメントが数多く寄せられている。

一方で「悔しいけど、やっぱり錦織はうまかった」「錦織に勝つにはあと2%足りなかった。また1段階成長できただろう」「雨が降っていなくても、錦織はどうにか気持ちを切り替えて勝っていたよ」「錦織との実力の差は一目瞭然だった。錦織はやっぱり世界トップクラスの選手だ」「雨を言い訳にする鄭現を見て、まだまだだと思った」などと主張する声も多くみられた。

また、「素直に認める錦織選手がかっこいい。次の試合も頑張ってほしい」「錦織のコメントに好感を持った。鄭現に勝って4回戦に進んだのだから必ず優勝して!」など錦織への応援コメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)