窪田正孝

写真拡大

人気コミックを実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』のキックオフイベントが6月2日に行われ、主人公の金木研(カネキ)役を演じた窪田正孝をはじめ、萩原健太郎監督、原作者の石田スイらが参加し、主題歌がRADWIMPS野田洋次郎のソロプロジェクトに決定したことなどが発表された。

[動画]映画『東京喰種 トーキョーグール』特報

会場となったのは六本木にあるYouTube Space Tokyo。イベントの模様がYouTubeチャンネルを通し、全世界に同時配信される中、改めて人気原作を映画化するまでの経緯について聞かれたプロデューサーの永江智大は「実写化したい気持ちを強く持っていた」とコメント。監督オファーを受けてから本作を知ったという萩原監督は「原作コミックを読んでその面白さに魅了され、絶対に実写化の監督をしたいと決心。沸き起こるアイデアからイメージプランをプレゼンし、改めて監督として選ばれた」と振り返った。

福岡からの参加となった原作者の石田は、リアルタイムで永江プロデューサーを介してコメントを発信し「初めて窪田さんを拝見した時に、万が一実写化するならこの人がいいなと感じたので、そこが自分の中での映像化する意味だったのかと思います」と、主人公に窪田を熱望したことに言及。

そんな窪田はオファーが届いた時の気持ちについて「サプライズ!」とひと言で回答。本作については「カネキにとっては悲劇だけれども、人の悲劇って喜劇にもなる、そんな瞬間をすごく感じられた」と話すと、「生みの親である先生に直々にオファーをいただけることは光栄です。本当にビビっていましたが、先生がコメントを出してくれたことで救われました」と笑顔をのぞかせた。

この日は、本作の世界配給について松竹の大角正常務取締役映像本部長より最新情報が発表された。まだ映画完成前にも関わらず、早くも北米、ヨーロッパ、アジアなど23ヵ国での上映が決定しているという。

さらに音楽や主題歌情報も解禁され、音楽は『マトリックス』シリーズのドン・デイヴィス、劇中に登場する喰種の赫子(かぐね)と、喰種に抵抗するCCGの特殊な武器クインケの音を作ったのは『ゼロ・グラビティ』のニコラス・ベッカーと、ハリウッドの第一線で活躍するスタッフが参加していることを発表。また映画主題歌が、RADWIMPS野田洋二郎のソロプロジェクト「illion」による「BANKA」に決定したことも明かされた。

なお、本作のプレミア上映についても発表され、初お目見えとなるワールドプレミアは7月3日にアメリカ・ロサンゼルスで行われる「アニメ・エキスポ」で。ヨーロッパプレミアは7月7日にドイツ・ベルリンで。ジャパンプレミアは7月10日に丸の内ピカデリーで、それぞれ行われることが決定した。

『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開となる。