海外組による事前合宿に参加していたFW宇佐美貴史

写真拡大

 日本サッカー協会は5日、7日のキリンチャレンジ杯・シリア戦(味スタ)、13日のW杯アジア最終予選・イラク戦(テヘラン)に臨む日本代表にFW宇佐美貴史(アウクスブルク)を追加招集すると発表した。

 宇佐美はバックアップメンバーとして5月28日から千葉県内で行われていた海外組による事前合宿に参加。代表チームはこの日から都内で国内組を含めて全選手で本合宿を開始するが、FW乾貴士が右足首痛、FW浅野拓磨が右アキレス腱痛を抱えていることもあり、宇佐美が正式な代表メンバーとして引き続き代表チームに帯同することになった。

 乾は前日4日の練習に参加していたが、浅野は宿舎で静養していた。現時点で乾、浅野の離脱は発表されていない。


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧