「つきあって半年の彼氏が一緒に寝るとき、腕枕をしてくれます。うれしいのですが、ちょっと困っています。うまく寝られないんです。でも、頭をどけてしまうのも悪いみたいで……。寝たふりして寝返りするタイミングを計っています。彼、もう寝たかな、なんて考えているとなかなか眠れません。漫画や映画、ドラマなんかでは、腕枕されている女性は幸せそうに寝ていたりするシーンを見かけます。私がおかしいのでしょうか?」(文香さん・30歳)。

……これは悩ましい。どうしたらいいでしょうね?友野なおさんに聞いてみました!

高さが合わない枕と同じ。無理をしないで

彼の腕枕の中で眠りに落ちる幸せは何にも代えがたい……そう思う気持ちはとてもよく理解できますが、睡眠の妨げになっているのであれば、ちょっと立ち止まって考えるべき。

睡眠がきちんととれていないと精神的にイライラしやすくなったり、怒りっぽくなったりする傾向が高まるため、「腕枕のせいで眠れなくてケンカが増えた!」なんてことになってしまったら本末転倒です!

2人の関係性を穏やかに築き上げていくためにも、きちんと理由を伝えたうえで、腕枕ではなく手をつなぐようにするなど、2人が気持ちよく眠りに入れるスタイルをぜひ探してくださいね。

もしかして緊張しているのかも? 

もうひとつ、いい機会なので見直していただきたいのは、寝るとき、リラックスできているかどうかということです。

寝室は、睡眠と性行為以外では使わないことが推奨されています。寝室は眠るための部屋であり、リラックスするための空間です。

つきあいたてでものすごく緊張しているとか、とても気を遣っているなど、緊張感のある状態では交感神経が優位になり、当然よく眠ることはできません。

どのカップルも通り過ぎるステージではあると思いますが、お互いがなるべくリラックスして眠れるように、おそろいのパジャマを買ってみるとか、香りを焚いてリラックス空間を演出してみるとか、一緒に枕を買いに行くなどして、愛を育みながら楽しく眠る環境を整えていきましょう。「デートがてら」に寝具を選ぶのは、ドキドキ・ワクワクしますし、ぐっと2人の距離感が縮まったような気がして、とても幸せな気持ちになりますよ!

良質な睡眠には心身の健康増進や美容を育む効果だけでなく、生産性を上げる効果もあります。よって、2人が気持ちよく眠れることで女性は美しさに磨きがかかり、男性は仕事の生産性が上がって出世につながれば、もはや一石三鳥。

ぐっすり眠れることで「良」のスパイラルが生まれ、2人の信頼関係も強く結ばれて一気にゴールイン!なんていうことも夢ではないかもしれませんね!

ね、寝苦しい腕枕だにゃ。ねこパンチ!



■賢人のまとめ
枕は良質な眠りを得るための大切な寝具。各人に合った高さ、かたさがあります。腕枕はその調整ができませんから、合わなければパートナーに理由を説明して、いっしょに快適な枕を探すデートに出かけてみてはいかがですか?2人でリラックスして眠れる方法を楽しく取り入れていきましょう。

■プロフィール

睡眠の賢人 友野なお

睡眠を改善したことにより体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。
科学でわかるねむりの環境・空間ラボ主宰。著書に『やすみかたの教科書』(主婦の友社)など。