神奈川ダービーで開幕戦以来のスタメン出場を果たした家長だが、いまだ完全にチームにフィットしているとは言い難い状況だ。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 リーグ戦では開幕戦以来の先発出場を果たした家長昭博にとって、この日の90分間は非常に苦いものとなった。
 
 序盤から横浜は4-2-3-1のトップ下に構える天野も低い位置に入って、川崎の中央からの攻撃を遮断する策を講じ、ゴール前中央のエリアはかなり混雑していた。そのエリアに川崎のトップ下として構えていたのが家長だったが、受けても前を向けず、スペースを突破するドリブルやパスはほぼなし。持ち味であるキープ力は随所で発揮されたものの、前を向いて相手に怖さを与えることはできなかった。シュートも積極的に放ちはしたものの、相手ゴールを“脅かした”とは言い難い。
 
「ブロックを作られるのはいつもと変わらないですし、しっかりと中から狭い所でも崩していこうと思っていました。なかなか、チャンスもありましたけど1点が取れなかった。相手のカウンターもあって厳しくなってしまったし、前がチームを助けられなかったかなと」
 
 前線の不甲斐なさがチームに影響してしまったことを反省し、家長は自身へも厳しい評価を下す。
「僕自身のクオリティの問題なので、そこが足りなかったと思う。チームというよりも個人の、僕のレベルの問題」
 
 ストレートに言えば、まだ家長は川崎のサッカーの中で自身の力を完全に活かし切ることができていない。本人としてもそのことを自覚しており、そして何よりこの日の対戦相手である横浜のある選手は言う。
 
「家長選手はあんまりフィットしていなそうですよね。(守る時に)あそこで止まってくれるから楽だった」
 
 ボックス付近に入って”崩しにかかる”際のスピードアップは川崎の攻撃の鍵を握るプレーだ。前半終了間際に途中から1トップへと居場所を移した小林が狭いエリアでも前を向いてシュートを放ち、直後には見事なトラップと反転から阿部にパスを通した局面もあったが、そういった、前を向きゴールに直結するプレーが家長には求められている。
 
 数字の面を見ても、まだゴールとアシストを記録していないことからも、役割を果たしているとは言えないだろう。「個人的にはもっと成長しなければいけない」と本人は猛省する。
 ただ、現状は薄暗さがある一方で、この産みの苦しみを乗り越えた先の未来への期待感はある。先の横浜の選手はこうも、口にしていた。
 
「彼がフィットしたら結構、やばいと思います」
 
 昨年までチームを率いた風間八宏監督が獲得を熱望していた選手であり、そのポテンシャルは疑いない。背番号41がチームに融和した時に起こる変化は計り知れないだろう。
 
「トラップとかパスだとかポジショニングとかボールをもらう動きは、もっともっと成長できる。本当に、川崎には中村憲剛さんとか大島くんとか、僕が見習うべき選手がいっぱいいるので。そういう選手とプレーをして、練習して自分も成長をしていきたい」
 
 入団後、彼はこう語っていた。飛躍を目指して川崎の地に足を踏み入れた男が、ここで倒れるにはまだ早い。
 
取材・文:竹中玲央奈(フリーライター)