女優兼、家電アドバイザーの奈津子です。いよいよ梅雨時になってしまいました。湿気で髪型が定まらない日は、ちょっぴり憂鬱な気持ちになりませんか?

私自身、胸元まであるロングヘアで、毛量もかなり多いので、この時期はすべてを諦めて、ひとつ結びで出かけるのが今までの定番でした。

しかし!救世主とも呼べるアイテムが発売されましたよ。

新しくなったダイソンのドライヤー「Dyson Supersonic ヘアードライヤー」です。

発表会の会場は大盛況でした!

日本人のために改良されている!

こちらは「ホワイト/シルバー」色。インパクト大のビジュアルですよね。

大きな穴が空いた“ドーナッツ状”のドライヤーは、既にご存知の方も多いと思います。今回リニューアルした点は、大きく3点。

従来モデルと比べて最高温度が78℃から100℃まで引き上げられた点
1〜3まである風量レベルの設定のうち「1」と「2」の風量が弱まり顔周りのレイヤーなどのセットに対応しやすくなった点
カラバリに「アイアン/ブルー」と革製専用ケースつきの「インペリアル パーブル」の2色を追加。

です。

ダイソンのパーソナルケア製品開発責任者トム・クロフォード氏。新色は家電量販店&ダイソン直営店・公式オンラインストアなどで購入できる「アイアン/ブルー」と百貨店&ダイソン直営店・公式オンラインストアなどで購入できる「インペリアルパープル」の2色です。

今回は特に、髪の健康面(インナー)と、スタイリング性(アウター)の両面を強く重要視する「日本人のために改良された」という点が大きなポイント。

より早く乾くように最高温度設定がひき上げられ、セットしやすいように1〜3に分けられた温度帯に幅がでたのもそのためです。

発表会にはアーティスト・女優としてご活躍中のシシド・カフカさんと、人気ヘアメイクアップアーティストの小田切ヒロさんが登場。

シシドさんの美髪と小田切さんによるプロの技で、デモンストレーションが行なわれました。

『手ぐしでスタイリングしても、ブラシでかけたテンションのような効果が得られるので、ズボラ女子にオススメ』と言う小田切さんの解説通り、シシドさんの美髪が更に艶のあるステキなストレートヘアに変身していきました。

面倒なヘアセットも楽々!

実際に私も体験してみて、まずはその「風圧の威力」にとても衝撃を受けました。

強い……とにかく風が強いです。

ほぼ寝起きのボサボサ髪から、あっという間にうねりが消えていき完璧なストレートヘアに。仕上げに冷風をあてたところさらにツヤが増して感動。

痛んでいるのでお風呂上がりでも広がりやすい髪が、一気に乾きます。

実機をいただいたので自宅でも使い倒してみましたが、ものすごい風量に毎回新鮮に驚きます。

上記の写真の通り、お風呂上がりからすでに広がってしまう私のような扱いにくい髪でも本当に早く乾くので、ドライヤーに対して「速乾性を一番」に求めている人には最適といえます。

またブロー時はブラシを使わなくても、手ぐしでかなりしっかりと髪をまっすぐにしてくれるので本当に楽ちん。

特筆すべき点は、湿度がかなり強い日でも強力にスタイリングにしてくれる点です。

こちらはSupersonicを使ってつくった即席のウェーブヘア。

ナチュラルなウェーブがとってもいい感じ!仕上げにハードスプレーをかけても◎。

やり方は、髪がすこし濡れた状態でバンダナを巻き、下の写真のように左右の毛束をねじってバンダナに巻き付けていき、数分間ドライヤーをあてるだけです。

写真上が髪をねじっているところで、右下が後ろから見た図。左下がしあげにドライヤーをあてているところです。ほどくと一気にウェーブヘアに。

朝でかける前にセットするのもいいですし、夜の入浴後などにセットしてそのまま寝ると、翌朝ウェーブが更に定着していて朝のセットが不要になります。

ウェーブヘアって挑戦したことがある方はお分かりかと思うのですが、コテでつくろうとするとなかなか難しいんですよね。この手軽さは、風量の強いダイソンならではだと思います。

またアイロンでしっかりと巻いた髪やパーマがかかっている髪には、好みで整髪料をつけたあとで風が均等にあたるようにしてくれる付属の「ディフューザー」を先端にとりつけた製品を下から上に押しあげるようにあてることで、カールを自然にキープ&ナチュラルな仕上げにしてくれます。

ディフューザーはマグネットで簡単にくっつき均一な風をだしてくれる。

メイクさんにしっかりと巻いてもらったあとで、ディフューザーを使ってナチュラル仕上げにしました。

気になる製品のお値段は4万8600円(税込)。

梅雨のこの時期から夏場にかけて特に大活躍しそうな「Dyson Supersonic ヘアードライヤー」、ぜひ試してみてくださいね。

撮影:安蔵靖志

奈津子のトキメキ☆こぼれ話

『美女と野獣』を観に行きました!

レディースデーに1人でひっそりと映画『美女と野獣』を観ました。やっぱりディズニーって心が洗われますね。ヒロイン役を演じたエマ・ワトソンから醸しだされる知的な美しさと、セットや衣装の美術面が興味深かったです。でも王子様はちょっとかっこよすぎかな……(笑)。

■プロフィール

女子家電の賢人 奈津子

ドラマ『野ブタを。プロデュース』で女優デビューして以降、様々な作品に出演。20歳の時、SDN48に加入しアイドル業も経験する。現在は再び女優・タレントの道を歩む傍で、家電製品総合アドバイザー GOLDグレード(AV情報家電)の資格を取得。DIMEをはじめ数々のメディアで家電のコラムを執筆している。家電意外に茶道、日舞、餃子をこよなく愛する。
instagram→natsuko_kaden