卓球の世界選手権で、女子シングルスで48年ぶりとなる表彰台に登った平野美宇選手。若干17歳の激闘を日本国民は固唾をのんで応援したが、その一方で、自ら“アイドル好き”を公言する一面に「マー君以来のスポーツ界大物ドルオタかもしれん」との声が挙がるなど、話題を広げている。

 独デュッセルドルフで開催されている卓球の世界選手権で、女子シングルスで日本勢48年ぶりの表彰台となる銅メダルを獲得した平野選手。日本列島が歓喜に沸き返ったが、準決勝で惜しくも中国の丁寧選手に敗れた。

 試合後に自身のSNSを更新した平野選手は、応援への感謝を伝えつつ、「ドイツに来て一回も外行ってないからドイツの空気を感じれて嬉しす」などと声を寄せ、激戦から開放された率直な心境を伝えている。

 その平野選手は、メダル確定となった準々決勝の勝利後、48年ぶりの表彰台について「AKBみたいで嬉しい。46が好きなので、46年ぶりでも」などと語るなど、AKB48や乃木坂46に例えながら喜びを表現したことが話題になっていた。

 平野選手は“アイドル好き”として知られる。卓球のアジア選手権女子シングルスを日本勢で21年ぶりに制覇した後、4月25日に放送されたフジテレビ系『バイキング』に出演。その際、最近ハマっていることが“アイドル”と明かした。

 さらに、平野選手は「乃木坂46の西野七瀬ちゃんが好きで、握手券があるんですけど、それに当選したので、今度行きます」と宣言。その後、実際に握手会に参加し、西野や乃木坂46星野みなみとの2ショット写真を自身のSNSで公開していた。

 ツイッターではアイドルに関するつぶやきが多いのも平野選手の特徴。HKT48指原莉乃のツイートをリツイートしたり、タレントの武井壮が平野選手の実力に感心すると、「武井さんありがとうございます また乃木坂について語りたいです」と言葉を寄せている。

 さらに、準決勝進出を決めた後、SKE48後藤楽々が自身のツイッターで「自分と1つしか年齢が変わらない美宇さんの活躍に私もすごいなと尊敬しちゃうなって今思いました」などとツイートした。

 すると、これに平野選手が反応し、「えー 嬉しいです前のめりのころからテレビで見てます」と応じ、SKE48が2015年8月にリリースした楽曲「前のめり」を持ち出しながら感激の声を挙げていた。

 世界選手権に挑む前には、テレビ番組などで乃木坂・西野のサインをお守りとしてカバンに入れて持ち歩いていることも明かしていた平野選手。“アイドル好き”を証明する数々のエピソードが巷間に広く知られて行くなか、ネット上には様々な反応が見られている。

 ネット上やツイッターなどSNS上には「『前のめりの時から応援してます』ってリプしてて ガチだと確信した」「アイドル好きで卓球上手とかほんと天使」「アイドル好きとかほんと推せる」「ますます好感度上がりました」「美宇ちゃんもアイドルに見えちゃった」などと、アイドルのファンから続々と平野選手の印象が投稿された。

 さらに、「スポーツ選手の“アイドル好き”」という切り口から、米メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースに所属する“マー君”こと田中将大投手を持ち出し、「もしかしたらマー君以来のスポーツ界大物ドルオタかもしれんw そのうち美宇公演とか実現したりして」との声も見られる。

 田中投手は「ももいろクローバーZ」のファンを公言するなど“アイドル好き”として広く認知され、昨年には自身がプロデュースを務めたAKB48の特別公演「僕がここにいる理由」も開催。アイドルグループの公演にプライベートで足を運ぶことも知られているところだ。

 そのため、アイドルのファンからは「マー君に続く、世界に誇るドルヲタ平野」「世界最強のドルヲタはマー君だけど、アイドルファンは平野美宇だな」「平野美宇ちゃんの方が色々範囲が広そう」などの声も挙がり、田中投手に続くスポーツ界の“アイドル好き”として平野選手を見つめる人が続出し、新たな盛り上がりを見せている。

 残念ながら世界選手権は準決勝敗退となったが、銅メダルを獲得した平野選手。ファンからはツイッターに「悔しいでしょうけど、ナイスファイトでした」「お疲れ様でした」「平野さんもかっこよかった!」などと労いやエールの声が続々と寄せられている。