ちらっと見えるバッグの中身や中身をとり出すしぐさは、意外と見られているかもしれない落とし穴だったりします。バッグにものがごちゃごちゃで、必要なものがなかなか見つからない……なんてことはありませんか? できれば、バッグを扱う姿を美しくステキな印象にしていきたいものですよね。
これからご紹介する項目をチェックしてバッグの中身を点検し、美女子度をアップさせていきましょう。

使わないものまで入っていないか?

毎日同じバッグを使っていると、つい中身をそのままにしてしまいがちですよね。まずは、なにが入っていているのか把握してみましょう。そして必要なもの、そうでないものとわけながら整理してみるといいですね。もう使わなくなったペンや探していた小物がひょっこり出てくることもあるかもしれませんよ。

ゴミや袋が入ったままでないか?

街中でゴミ箱が見当たらないとき、買った商品を出して不要な袋はひとまずバッグに入れておくことってありますよね。そのまま忘れてしまい、数日間入れっぱなしだったなんてことも。
そこで、ゴミ箱を見たら、立ち止まってバッグの中身をチェックしてみましょう。不要なものはその場で捨てること。帰宅したら部屋のゴミ箱を通るルートにして、バッグの中をチェックする習慣をつけるのもいいですね。

小わけにせず、そのまま入れていないか?

急いでいるときや、仕切り収納が少ないバッグを使っているときに、ものをバッグにそのまま入れてしまうことってありますよね。これは、バッグの中でものがごちゃごちゃしやすい原因のひとつです。
そこで、ポーチや袋でものをわけることをおすすめします。ポイントは、同じグループで収納すること。まずは化粧品類・充電やコード類・文具類などグループわけをします。そして、このポーチや袋にはこれを入れる、と決めるのです。そうすることでポーチや袋の色やカタチが頭の中にインプットされ、手の感触や見た目でなにが入っているものなのかわかりやすくなります。スムーズなしぐさは美女子にとってマストですよね。

ものを探すのに時間がかかるか?

欲しいものがバッグからすぐに出てこない……なんてこと、ありますよね。そんなときは、バッグの購入の時点で収納が多いものを選ぶのがおすすめです。
ポイントはその使い方! バッグの中に入れるものたちの場所を決めてあげましょう。たとえば、お財布・鍵・携帯電話などいつも必ず持ち歩くアイテムをどこに収納するのか決めておきます。すると、なにがどこにあるか把握できるため、迷うことなくものをとり出すことができますよ。さらには、購入前に収納使いのイメージをできるものを購入するといいですね。自分に合う使いやすいバッグは、持っているだけで楽しくなりますよ。

いかがでしたか? ぜひ一度バッグの中身をチェックしてみてくださいね。使うバッグやその中身から新たな発見があるかもしれませんよ。