【GLM×旭化成】骨格はGLMの量産第1号車のスポーツEV「トミーカイラ ZZ」。コンセプトカーと発表されているが、実は普通に走行できてしまう

写真拡大

今、SUVが超絶熱い――。

国産からも、輸入車からも魅力的なモデルが続々投入されているのだ。

* * *

激戦区のコンパクトSUV戦線に、異業種が殴り込みをかけているのをご存じだろうか?

5月17日、総合化学メーカー「旭化成」と京都大学発のベンチャー企業「GLM」は、スポーツカーとSUVを合体させた「アクシー」なるEVコンセプトカーを発表。旭化成の樹脂材料(金属、樹脂、繊維複合材など)と、GLMの車体を叩き台にしたコラボ作である。しかし、なぜ旭化成がSUVを発表したのか。

「今、自動車業界は100年に一度の産業革命が起きています。旭化成としては自らが手がける高機能素材や、車内の空気環境を感知するセンサーや大規模集積回路、さらにドライバーの脈波を検出する非接触のバイタルセンシングシステムなどの電子部品をアクシーに搭載しています。つまり、アクシーは各自動車メーカーに先進技術を売り込む試作品なんです」(経済紙記者)

確かに旭化成の宇高道尊オートモーティブ事業推進室長は、アクシーお披露目時に、「自動車メーカーがこの先、何を考えているのか。一緒にディスカッションするきっかけになれば」と話していた。

ちなみにアクシーのサイズは全長4685mm×全幅1813mm×全高1562mmとコンパクトSUVサイズ。現時点では市販の予定は「ない」と旭化成は話しているが、市販されたらバカ売れ必至!?

◆『週刊プレイボーイ』25号(6月5日発売)「最強コンパクトSUVはコレだ〜!!!」では、他にも注目すべきコンパクトSUVを紹介。そちらもお読みください!



(取材・文/黒羽幸宏 写真協力/GLM)