プログラミング言語「COBOL」を生みだしたデータシステム言語委員会(CODASYL)のメンバーの1人であり、数式処理言語「FORMAC」の生みの親でもあるコンピューター科学者のジーン・E・サメット氏が2017年5月20日(土)に亡くなりました。89歳でした。

Computer pioneer Jean Sammet ’48 has died | Mount Holyoke College

https://www.mtholyoke.edu/media/computer-pioneer-jean-sammet-48-has-died



Jean Sammet, Co-Designer of a Pioneering Computer Language, Dies at 89 - The New York Times

https://www.nytimes.com/2017/06/04/technology/obituary-jean-sammet-software-designer-cobol.html



Jean Sammet | Computer History Museum

http://www.computerhistory.org/fellowawards/hall/jean-sammet/

サメット氏は1928年にニューヨークで生まれました。子どものころから数学に興味がありましたが、数学と科学に強いことで知られるブロンクス高校は当時は男子校だったため入学できず、ジュリア・リッチマン高校からマウント・ホリヨーク大学へと進学して数学の学士号を取得。卒業後はイリノイ大学の大学院でさらに数学を学び、修士号を得ました。この大学院の在学中に初めてコンピューターに出会ったときのことを、サメット氏は2000年に行われたインタビューで「とてもひどいハードウェアだと感じ、これを使って何かやりたいとは思いませんでした」と語り、印象が良くなかったことを明かしています。

当時のサメット氏は教職を目指していたようで、マウント・ホリヨーク大学の在学時にニューヨーク市の教員免許を得ていましたが、就職口がなかったため、ニュージャージー州で求職することに。ところが、ニュージャージー州の数学の教員免許を得るには「教育学」と「ニュージャージーの歴史」の単位が不足しており、別のジャンルの職に進むことになります。

メトロポリタン生命保険の事務所の研修員として働くことになったサメット氏はパンチカード会計機に関する社内教育プログラムに参加し、コンピューターと再会を果たしますが、プログラム終了後は会計機に触れる機会はなく、事務所を辞めてコロンビア大学で博士号取得を目指します。2年間の学生生活で、もはや大学は自分のために必要ではないと考えたサメット氏は1953年、電機メーカーのスペリー・ジャイロスコープに入社し、1955年からプログラマーとしての生活をスタートさせました。

ちょうど1955年、スペリー・ジャイロスコープは事務機器を製造していたレミントンランドと合併して「スペリーランド」と改称。レミントンランドはアメリカ初の商用コンピューターであるUNIVAC Ⅰの製造元として知られており、サメット氏はUNIVAC Ⅰとその開発に参加したグレース・ホッパー氏と出会う機会を得ました。

コンピューター技術者としての腕を上げたサメット氏は1959年にスペリーランドを辞め、シルバニア・エレクトリック・プロダクツへ入社。そして「COBOL」開発に携わっていくこととなります。

1959年当時主流だったプログラミング言語は1957年にIBMが生みだしたFORTRANでしたが、このほかにも多くのプログラミング言語が乱立していて、プログラミングにかかるコストは80万ドル(当時のレートは1ドル360円なので2億8800万円に相当)、さらに新しいハードウェアでプログラムを実行するには60万ドル(2億1600万円)がかかる状態となっており、共通言語を利用することによるコスト削減が考えられていました。

そこでコンピューター科学者のメアリー・K・ホーズ氏はサメット氏やホッパー氏らを含む技術者・メーカー・学者などを集めて共通言語「COBOL」のコンセプトを定め、代表団が国防総省に支援を求めました。国防総省でも225台のコンピューターを運用していた上に175台が配備待ちとなっていて、運用コストが2億ドル(720億円)以上に達していたため、支援を決定。1959年6月4日にCODASYLが組織されました。

CODASYLでは主にホッパー氏の開発したプログラミング言語・FLOW-MATIC、IBMのCOMTRAN、AIMACOを研究して「COBOL」を作り上げていきました。ちなみに、FLOW-MATICとCOMTRANは競争相手と見なされていて、FLOW-MATICからは長い変数名やコマンド用の単語、データ記述と命令の分離といった特徴がCOBOLに受け継がれていますが、一方でCOMTRANの特徴はあまり受け継がれていません。サメット氏は1981年に、COBOLを開発していたころに自分も含めた何人かの委員会メンバーに「強いアンチIBMバイアス」があったと語っています。



by Kurt Magoon

ちなみにサメット氏は1962年にIBMに入社し、数式処理言語として知られる「FORMAC」を生み出すことになります。1974年から1976年にかけては計算機学会(ACM)初の女性会長も務めていて、プログラミング言語の歴史において間違いなく世界的権威だった人物でした。

2009年にIEEEコンピューターソサエティの「コンピューター・パイオニア・アワード」を受賞したサメット氏の様子はこんな感じ。

Jean E. Sammet receives 2009 IEEE Computer Society Computer Pioneer Award - YouTube