いきなりの直球で申し訳ないが、すごく蒸し暑い。そろそろ、私にとって1年で最もつらい時期である梅雨がやってくるようだ。季節の移り変わりは当然受け入れるものと理解しているけれど、あの強烈な湿気にはうんざりしてしまう。洗濯物の乾きは悪いし、なんだか部屋の中の雰囲気まで重苦しく感じられる。ジメジメしていると食欲も落ちるもので、キッチンに立つのでさえうんざりしてくる。

そんな時に焼きナスなんて、本当にどうかしている。キッチンの地獄のような暑さを想像してみて欲しい。真っ黒になるまでナスを焼けば、まるで灼熱の砂漠のような温度になる。しかし、それでも、この焼きナスのディップにありつけるのであれば、私は命がけで挑もうと思う。その暑さに。たった1人で。

焼きナス、ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルトでも可)、白ごまペースト、ニンニク、レモン汁、塩こしょうをミキサーにかければそれで作業は終了であるけれど、ミキサーを出すのも面倒だという方のために、焼きナスは包丁でみじん切りにするだけでも十分おいしいということを記しておこう。また、「焼きナスを作るとか? 冗談でしょ?」という方は、是非、冷凍のものを使用して欲しい。ミキサーにかける時間はあまり長くないほうがおいしいように思う。

すべてを混ぜ合わせたら、深めの皿に盛りつけ、オリーブオイルをまわしかけ、出来れば一晩冷蔵庫で寝かせてください。他のレシピを見てみると、アンチョビを加えたり、クリームチーズを加えたりブルーチーズを加えたりと、いろいろなバリエーションがあるようだ。自分の好きな材料で試してみるのも楽しいだろう。

食欲の落ちる時期にぴったりのディップ。是非。

材料(2人前)

ナス 4本

ニンニク 1/2片

ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルトでも可) 大さじ2

白ごまペースト 大さじ2〜3

レモン汁 適宜

塩こしょう 適宜

オリーブオイル 適宜

♦【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック