4日、昨年3月に大やけどを負ったSNH48のタン・アンチーが、髪が伸びて小さなお下げにできるようになったと語っている。写真は事故前のタン・アンチー。

写真拡大

2017年6月4日、昨年3月に大やけどを負ったSNH48のタン・アンチー(唐安[王其])が、髪が伸びて小さなお下げにできるようになったと語っている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

人気アイドルグループSNH48の2期生メンバーで、チームNIIに所属するタン・アンチーは昨年3月1日、上海市内のカフェで不慮の事故により大やけどを負った。事故当時、タン・アンチーが火だるまになった写真はネット上で拡散され、世間に大きな衝撃を与えている。

4日、タン・アンチーが中国版ツイッターを通じて、大部分の治療がすでに終了したことを報告。「最近、歌を歌いたいの。みんな、何が聴きたいか言ってくれる?それから、どうか安心して。ほとんどの治療が終わって、上海を離れたの。湖北省(タン・アンチーの出身地)に戻ったわけじゃないけど、みんなが知らない場所で静かに治療とリハビリを続けています」と書き記し、現在の様子を明らかにしている。

体の半分以上に及ぶ大やけどを負ったが、これまで何度か皮膚移植手術を受け、一時は失っていた声も戻ってくるなど、順調な回復を見せている。最近では髪が伸び、小さなお下げもできるようになったことを報告している。(翻訳・編集/Mathilda)