明日以降に行う仕事の準備がしたいのに、今日の日報作成に時間を取られる。

目的がよく分からない会議が開催され、誰も「目的が分からない」もんだから結論も出ないまま議論をすることになり、ダラダラと時間だけが過ぎていく。

上司に提出するべき報告書や資料に時間を取られて、日常業務がままならない。

会社員の皆さん、こんな経験はありませんか?

こんな時、「この業務って本当に必要ある?」と思ってしまいますよね。

このような「謎の仕事」が多く存在する会社って、たくさんあります。

ひとつの仕事を行うために、報告書や申請書を何種類も作成しないといけない。

何を報告すれば良いのか分からないけど出席しないといけない「定例会議」がいくつも存在する。

私も、「これらの謎の業務を削減したら、どれくらい仕事が楽になるだろうか…」と日々思っています。

組織が大きいと、上司が部下一人ひとりの働きを把握するのが難しくなるので、適正な評価をするために報告書や日報を提出してもらう必要があるなど、それなりに理由があってやっていることなのでしょうけど、それでも削減できる「ムダ」が、たくさんある気がします。

…と思いながらも、会社員は会社のルール通りに動くこと、上司を怒らせないことが第一なので、今日も、ムダだと思いながらもせっせと報告書を作り、会議に参加するんでしょうけどね(笑)

今日も一日頑張りましょう!

【関連記事】
会社に行きたくない…GW明けに陥りがちな「五月病」

「SNS飯」は迷惑行為?ラーメン二郎新代田店が撮影禁止に!

女性トイレを利用した男性、「お腹が痛かった」ため無罪に

「あの」ディズニーも例外じゃない!待遇改善しないと人が来ない近年のサービス業

就活生に伝えたい「ブラック企業の見極めポイント」

70歳定年、75歳で年金支給開始!?心折れてしまった若者