3日、中国メディアの観察者網は、中国国内では10億台の携帯電話が廃棄されているものの、回収率はわずか2%にすぎないと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年6月3日、中国メディアの観察者網は、中国国内では10億台の携帯電話が廃棄されているものの、回収率はわずか2%にすぎないと伝えた。

中国信息通信研究院のデータによると、2012年以降、中国の携帯電話出荷台数は年間4億5000万台を超えており、2016年には1446機種、5億6000万台が販売された。中国青年報が今年4月に2000人を対象に行った調査によれば、71.8%の人が2年に1度機種変更しており、42%の人は故障していなくても新機種に変更すると回答している。

中国再生資源産業技術創新戦略連盟の研究結果によると、中国の大都市の消費者は平均で12カ月から18カ月で携帯電話の機種変更をしているが、世界平均は36カ月なのだという。

この点について、携帯電話回収プラットフォームである「回収宝」の熊洲(ション・ジョウ)氏は、「国内には10億台の廃棄携帯電話がある」と指摘。しかし、現在のところ回収率は2%前後にすぎないという。その理由について記事は、引き取り価格が安すぎることや、個人情報が完全に削除されないのではないかとの不安から、回収業者へ引き渡すことを渋る消費者が多いことにあると分析した。

このニュースに対して、中国のネットユーザーからは「電子ごみの回収と処理は難題であり国は重視すべきだ」「みんなが信用できて、データのバックアップをきちんととることができ、個人情報を完全に削除できる会社をつくることが重要」など、回収体制を確立すべきとの意見が多く寄せられた。

また、「うちの古い携帯電話は全部捨てないで家に置いてある。捨てると情報が漏れそうで恐い」「早く回収してくれよ。政府はいつになったらリサイクルを重視するんだ?うちにはもう20台くらい古い携帯があるよ」とのコメントもあり、使わなくなった携帯電話を処分できずに家で保管している人も少なくないようである。(翻訳・編集/山中)