裁判員裁判が手本 会議で賢く見せる技術

写真拡大

国民から選ばれた6人のシロートが殺人罪などの重大事件の判決プロセスに加わる裁判員裁判。短期集中で評議する濃密な時間と質問のやりとりの中には、すべてのビジネスパーソンが見習うべき「会議の作法」のエッセンスが含まれていたのだ。その内容とは――。

■裁判員裁判は「いい会議」のエッセンスが詰まっている

2008年に始まった裁判員裁判では、国民から選ばれた裁判員6名とプロの裁判官3名の計名で、審理から評議、判決までが行われる。対象となるのは殺人罪、強盗致死傷罪、現住建造物等放火罪などの重大事件だ。

裁判にかかる日数は事件によってまちまちだが、通常は初公判から判決まで連続して3〜4日間というものが多く、期間中は休廷時間や昼食を挟むものの、朝から夕方までスケジュールが組まれ、裁判所の外に出ることはできない。もちろん夕方以降は家に帰れるが、守秘義務があるので裁判の詳細を誰かに話すわけにもいかない。

被告人の人生がかかっている裁判で9分の1の票を持つ裁判員。経験者に聞いたところでは、そのプレッシャーは相当きつく、なかなか寝付けないほどだそうだ。慣れない経験ということもあるが、なんといっても判決を決める評議までには自分なりの結論を出さなければならない(棄権は認められない)ことが重圧になるという。

▼見ず知らずの6人のシロート裁判員は、超真剣

見ず知らずの6人だから、最初のうちは休憩時間などに交わす会話もさしさわりのない範囲。2日目以降になるとキャラクターもわかってくるが、事件について突っ込んだ話をするほどの関係ではない。せいぜい、多少の意見交換ができる程度だ。

だから、公判でのやりとりを聞く姿勢はおのずと真剣になる。見た目がチャラい若者だろうと、いかにも面倒くさそうな顔をしているオヤジだろうと、裁判員席でふざけたり、居眠りしたりする人は見たことがない。

賛否両論あるものの、裁判員制度が施行10年目の今年まで維持されてきた理由は、裁判員を引き受けたからにはマジメに責務を果たそうとする市民の姿勢にあるのだと思わせられる。

■“会議”でいい質問をするための「メモの取り方」

今回取り上げたいのは、裁判員それぞれの真剣さと、傍聴席から見たときの裁判員の印象は別ということだ。

裁判員はちゃんと聞き、考え、決めるのが仕事だから、見た目の印象など問題にはならない。だが、これが会社の会議だったらどうだろうと思ってしまうのである。同じような真剣さで臨んでいるのに、周囲が受ける本人の印象が違うとすれば、悪い印象を持たれないほうが得に決まっているではないか。

では、裁判員の印象はどこで違ってくるのだろう。ポイントは以下の3点だ。

1:メモのとり方
2:質問の仕方
3:前のめりの姿勢

順に説明しよう。

▼なぜシロート裁判員は必ずメモを取るのか?

1:メモのとり方

裁判員にはあらかじめ資料が渡され、事件の概略や争点を知ることができる。また、検察や弁護人が、それぞれの主張を明確にするため配るものもある。加えて、被告人や証人の発言記録も読むことができる。しかし、裁判員は必ずと言っていいくらいメモを取りながら話を聞く。中にはほとんど前を見ずにノートとにらめっこ状態の人もいる。

メモをたくさん取るのは、頭の整理をするためでもあるだろうが、前を向かなくて済むといった理由もあると思われる。前を向けばいやおうなく被告人と向き合うことになるし、検察や弁護人、さらには傍聴人まで目に入る。

見ないということは、相手からも見られないということだ。

一方、会社の会議の場で下ばかり向いていたら消極的に見えるばかりか、存在感さえなくなってしまう。いくら熱心にメモを取ったところで、それが高く評価されることはないと考えていい。明らかに損だ。メモを取りつつ、顔も見せる。この2つを両立させることが重要だろう。

ちなみに、裁判官も必要に応じてメモすることがあるが、頻度も時間も圧倒的に少なく、被告人や証人をつぶさに見ている。うそをついていないか。本気で反省しているか。しゃべるときの表情や態度も重要な判断材料となるからだ。

■裁判も会議も「いい質問」が空気を劇的に変える

2:質問の仕方

裁判員には被告人質問、証人尋問など、自ら手を挙げて質問する機会が与えられる。何度も手を挙げる人もいれば一切質問しない人もいて個性が出るが、いい質問のできる人は話をしっかり聞いているし、場の空気が読めていて参考になるのだ。

そういう人は、事件の詳細について尋ねることはあまりなく、プロ裁判官が質問しないような身近な問いを投げかける。たとえば、強姦犯に対して、「襲いかかるとき、妻や子どもの顔が一瞬でも脳裏をかすめなかったのか」というような質問だ。

被告:「そのときは、特に考えませんでした」
裁判員:「もし捕まったら妻子がどう思うか、とは?」
被告:「考えませんでした」

どうということのないやり取りに思えるかもしれないが、たぶん質問者には妻子がいて、自分が被告人ならどうだったかと考えた末に質問をしたのだ。そこにはリアリティーがあり、他の裁判員が事件を考える材料にもなる。事件そのものというより、犯行時の被告人の心境や、家族についての考え方が端的に伝わるからだ。

▼煮詰まった会議をガラリと変える、ナイスな質問

では、会社の会議ではどうだろうか。

積極的に質問するのはいいけれど、議長や上司が求めているのは数の多さではなく、実のある会議にするための推進力となる質問だろう。プロジェクトの中心メンバーであるがゆえにマニアックな方向にはしりがちな同僚の説明に、話についていける人といけない人が分かれ、温度差が生じているようなとき、違う角度から質問ができたら煮詰まった雰囲気が変わるかもしれない。

■質問しない人は「前のめり」姿勢でアピール

3:前のめりの姿勢

(1)や(2)を読んだ人の中には、「それができたら苦労はしないよ」と思う方がいるだろう。要するに、会議で前を向いていたらやる気満々だと思われて意見を求められかねないし、気の利いた質問ができないから困っているのだよ、と。
 
あるいは、こんな声もあるだろう。会議の大半は形式的なもので、そこに座ってさえすれば良く、失点さえ防げれば良いのだよ、と。

そんな人に勧めたいのが、最後の(3)。前のめりの姿勢で話を聞くことである。裁判員もそうだが、人は集中してくるともっとよく話を聞こうとして自然と姿勢がグッと前に傾く。本人の心中のほどはいざしらず、外から見ていて熱心さを感じる姿勢になるのだ(真逆なのが椅子の背にもたれる姿勢)。

▼興味がなくても、黙って「前のめり姿勢」をする効能

この姿勢はメモを取るのにも適していて、前のめりになりつつ、ときどきペンを走らせていれば、会議に”参加している感”が出せるから便利でもある。さらに、たまにウンウンとうなずいてみせれば思慮深そうな印象を人に与えられるかもしれない。筆者の経験では、仮に退屈な話であっても前のめりの姿勢で話を聞くと、内容が頭に入ってきやすくなるのだ。

もしもあなたが会議の進行役やプロジェクトリーダーなら、と仮定してみよう。前のめりの社員を前に、議題と関係のない自慢話をしたりマニアックな技術論に終始したりするのは申し訳ない、と感じるに違いない。すなわち、顔を前に向けず質問をしなくても「前のめり」をキープすれば、積極的に参加しようとしている印象を周囲に与えられるだけでなく、会議の時間短縮化といった効果も得られて、会議をうまく乗り越えられるかもしれないのだ。

(コラムニスト 北尾 トロ)