リリーと清野菜名、実話に基づく“型破りな愛”

写真拡大

リリー・フランキー主演、清野菜名がヒロインを務め、型破りな究極の愛を描く映画「パーフェクト・レボリューション」(配給:東北新社)が、9月29日より全国公開されることが決定した。

本作は、自身も脳性麻痺を抱えつつ、障害者の性への理解を訴える活動家・熊篠慶彦の実話にもとづく物語。「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい!」。重度の身体障害があり、車椅子生活を送りながら、障害者への誤解を解くために活動するクマ(リリー・フランキー)。彼と恋に落ちたピンクの髪の美少女ミツ(清野菜名)は、人格障害を抱えた風俗嬢だった。そんな障害のあるふたりは、まわりに立ちはだかる壁をぶち壊して、“完全なる革命”を成し遂げようとする。

本作についてリリーは「友人の熊篠の今までの活動と生きざまが映画になると聞き、どんなカタチでも参加したいなと思いました。主人公は障害者でも、この映画はすべての人々が持つ障害と愛の物語です」とコメント。

また、清野は「台本を読んだ時、素直に『すごく面白い』と感じました。役としてはとても難しさを感じましたが、監督と熊篠さんにいろいろ聞きながら、自分が感じたまま思い切り演じました。この時、ミツとあたしは一心同体だったと言い切れます。リリーさんとすごくナイスなコンビだったと思います。あんなに自分が一直線に突き進んでるのは初めての感覚でした。ありがとうございました。みなさんにぜひ見ていただきたいです」と語っている。

また、メガホンを執った松本准平監督は「『障害者の映画をつくれませんか?』5年前、友人である熊篠さんにそう相談されたことがこの企画のはじまりでした。障害を題材にするなら、明るく、楽しい、ポップな、希望あふれる映画にしたい。難しい作業でしたが、ご本人の実話を基にすることにした途端、物語が勝手に紡がれていくのを感じました。大切な友人から預かった、特別なラブストーリーを、最高のキャスト・スタッフで届けられることに歓びを感じています。まっすぐに生きるクマとミツから、元気と勇気を受け取ってもらえると嬉しいです」とコメントを寄せている。

映画「パーフェクト・レボリューション」は9月29日から、TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開。

☆ストーリー

クマ(リリー・フランキー)は身体障害者。幼少期に脳性麻痺を患い、手足を思うように動かせず車椅子生活をしている。ただし彼はセックスが大好き。身体障害者にとっての性への理解を訴えるために活動している。そんな彼が、ある日、美少女・ミツ(清野菜名)と出会う。障害者であるにもかかわらず生き生きと生きているクマに、ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない?」「それを世界に証明するの!」。ふたりの究極の恋愛が始まった。はたしてふたりのこの革命の行方は――?