3日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本と中国の高速道路の違いについて分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は高速道路。

写真拡大

2017年6月3日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本と中国の高速道路の違いについて分析する記事を掲載した。

記事は、日本は国土面積37万平方メートルで人口1億2000万人だが、高速道路は8000キロメートルに及ぶ高速道路密度の高い国だと紹介した。

そのうえで、日本の高速道路の写真を掲載。日本では片道2車線の区間が主で、3車線は多くないとし、「道路上にはドライバーの注意をそらさせないために標識以外の広告やスローガンはない」と伝えた。

また、路肩近くには植物が植えられ周りの環境とマッチしているが、制限速度は時速100キロで中国の120キロより低いとも紹介。日本ではETCが普及しており、渋滞軽減に役立っていると伝えた。

このほか、都市部の高速道路には両脇に大きな防音壁があることや、道路や空気がきれいなため車が汚れにくいこと、メンテナンスがよくされているのでラインが鮮明で見やすく、道路の割れ目などはほとんど見かけないとした。

これに対し、中国のネットユーザーから「まるで滑走路のようだな。確かに質が高い」、「日本は2車線なのに渋滞しないなんて」など、日本の高速道路を評価するコメントが寄せられた。

また、「中国とは比較のしようがないだろ。高速料金や防犯カメラ、おから工事を比べるとでもいうのか?」という意見や、「品質が良すぎることが日本衰退の原因だ。車が壊れなかったら誰も新しく買わないし、道路も壊れなかったら修理の必要もなくなってしまう」という主張もあった。(翻訳・編集/山中)