約7割の中高生が将来に不安…「子どもの夢とやる気を引き出す」7つの質問

写真拡大

現代の子ども達は将来に夢を持てないでいると言われていますが、それはなぜでしょうか。

「新しい価値観を持つ子ども」が将来幸せに!? 専門家に聞いた、理想的な教育と親ができること

中高生の大人に対するイメージが「大変そう」「疲れている」であることから、将来に対する夢や希望が持てないのは分かる気もしますが、そばにいる大人を見て将来の夢が持てない子どもがこのまま増え続けるのは問題です。

どこかでこの悪い連鎖を断ち切らなければ、日本の将来も不安になってしまいます。

では、少しでも子どもたちに夢や希望を持ってもらうためには、親として何ができるのでしょうか。

今回は、子ども達に将来の夢を引き出すための問いかけについて矢矧(やはぎ)晴一郎著『100%子供に夢とやる気をもたせる!!』を参考に、お伝えしたいと思います。

約7割の中高生が将来に不安を抱いているという真実

ソニー生命保険株式会社は、1,000人の中高生に対し「中高生が思い描く将来についての意識調査」を実施しました。

その結果、中学生の62.5%、高校生にいたっては69%が10年後の日本や自分の将来に不安を抱いていることが判明。

そして、「大人のイメージは?」の質問には、中学生の87.5%が「大変そう」、88.5%が「疲れている」と回答しており、高校生にいたっては、「大変そう」が93.2%、「疲れている」が92.5%でした。

調査の結果から、中高生の約9割が、大人に対し「厳しい、暗い」イメージを抱いており、大人になることへの不安感から夢や希望を持てずにいることが分かりました。

大人の世界は厳しく、疲れていることに間違いはありませんが、そんな大人を傍で見ている子ども達が夢や希望を持てずにいる。

大人の事情は別問題としても、将来の日本を背負っていく子ども達には夢や希望を持ち続けてもらいたいものです。

子どもの夢を引き出す7つの質問とは

子どもが夢を持てない理由は、先にお伝えした通り、子どもが大人に対しマイナスイメージを持っていることにありますが、それ以外にも原因は考えられます。

「子ども自身が何をしたいのか、何に向いているのか分かっていない」ということも根本原因としてはありますが、それ以上に「親や教師などの大人が、“子どもの中に潜在している才能”を引き出せていない」ということが原因としてあげられます。

親ができることは、子どもの夢を引き出すことであり、子どもの夢を引き出すためには大人が「質問力を持つことが必要だ」と『100%子供に夢とやる気をもたせる!!』の著者である矢矧(やはぎ)晴一郎さんは言います。

では、子どもに夢を持たせるための「質問」とはどのようなものでしょうか。

100%子どもに夢とやる気を持たせる7つの質問

好きなものは何?好きなものを夢にしようお金と時間がいくらでもあるとすると、何をやりたい?一番かなえたい夢は何?どうすればその夢はかなえられる?つくった夢に、どのくらい満足した?(100%になるまで煮詰める)今日から、夢をかなえるために生きよう

子どもに「将来何がしたいの?」「将来何になりたいの?」と聞いても、子ども自身は何がしたいのか、何に向いているのか分かっていないため、明確な回答が返ってくることは少ないです。

はっきりしない回答に親はイライラするものですが、それは子どもが悪いのではなく、親の質問が悪いのだと矢矧さんは言います。

質問の手順

では、どういう手順で7つの質問を子どもに投げかければよいのでしょうか。

まず「好きなものは何?」と聞きます。すると夢を持っていない子どもでも好きなものくらいはあるはずですから、何かしら答えるはずです。

次に「その好きなものを夢にしよう!」と言います。子どもが持っている「好き」が夢になりそうもない場合は、「無理だ」と心の壁を作ってしまいますが、そんな時は「お金と時間がいくらでもあるとすると、何をやりたい?」と聞き、子どもの本当にやりたいことを引き出し、それを夢にします。

やりたいことが沢山あり悩んでいる場合は「一番かなえたい夢は何?」と問いかけ、「どうすればその夢はかなえられる?」と続ければ良いのです。

子どもが持った夢には「いいね!」と共感し、それを実現するための道やそれに関わる職業などを子どもに考えさせます。

夢を持っていない子どもは、勉強にも意欲が湧かず、心も体もフラフラした状態になりますが、夢を持った子どもは、心に筋が1本通ったように夢を実現させるための行動をするようになります。

親がとるべき行動として大切なことは、子どもが持った夢が気に入らないものであっても決して否定はせず、子ども自身で考え持った夢を応援してあげることです。

まずは夢を持たせてあげることが重要であり、夢に向かい突き進めていく中で実現不可能となれば心配せずとも、子どもは自分で軌道修正をして進んで行きます。

まとめ

このように、子どもの夢を引き出すためには、親が「質問力」をつけることが大切です。

「こうしなさい」「こうするべき」など、子どもの意思を無視した発言を繰り返していても、子どもの夢を引き出すことはできません。

子どもの中に潜在している才能をうまく引き出してあげることができてこそ親ではないでしょうか。

子どもが夢や希望を持ち突き進んで行けるよう、子どもへの問いかけを少し変えてみませんか。

<参考>ソニー生命保険ニュースリリース「中高生が思い描く将来についての意識調査2017」