謎の「おっぱい揉み祭り」をはじめ、なぜか荒唐無稽なデマがしばしばささやかれる雲南省。北京から遠く離れた辺境ゆえか。(筆者撮影)


 2016年秋のトランプ大統領の当選以来、「フェイクニュース」という言葉が一気に市民権を得た感がある。これは日本を含めた各国に見られる風潮だが、むろん中国も例外ではない。と言うより、中国は世界有数のデマ大国だと言っていい。

 情報を統制されたメディアに、7億人をこえるネット人口。加えてメディアのウェブ版は新聞発行部数最大の『環球時報』なども含め、アクセス増加を目的にして他のネット記事をウラを取らずにガンガン転載する。加えて中国人はネットの普及前から、公的な報道よりも知人の口コミに信を置きがちな傾向がある――。当局発表からしてホンモノとニセモノの区別が困難なだけに、中国においてまことしやかなデマはいっそう説得力を持ちやすい。

 本稿では、こうした中国発のデマのなかでもホームラン級に豪快で笑える話を一挙に紹介していくことにしよう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

[1] 童貞の魂を慰める? 謎のおっぱい揉み祭り

・・・いわく、中国雲南省の少数民族、イ族の間では、千数百年前より伝わる秘祭が存在する。すなわち旧暦の7月14〜16日の3日間、雲南省楚雄イ族自治州の𥔲嘉鎮では男性が自由に村内の女性のおっぱいを揉みまくって構わない「摸奶節(おっぱい揉み祭り)」が開かれるというのだ。祭りの期間中、村の若い娘たちは片方の乳房を服から露出させ、男性に揉ませてあげる(もう片方は将来の夫のために取っておくらしい)。男性はおっぱいを揉み、女性は揉まれることで、それぞれご利益があると伝わる。双方がウイン・ウインのまことにめでたい祭りである。

・・・またいわく、その由来は遠く隋の時代(581〜618年)にさかのぼる。打ち続く戦乱のなかで多くの若者が女人の柔肌を知らぬまま戦場に散り、祭祀も受けぬその怨霊がイ族の人々に災いをもたらすようになった。だが、多数の童貞の怨霊が抱くうらみは通常の方法では晴らせるものではなく、人々は生娘のおっぱいを揉む祭りをおこなうことでその魂を慰めることにした。これが「おっぱい揉み祭り」の起源である――。

 とまあ、ずいぶんまことしやかな話なのだが、残念ながら真っ赤なウソらしい。

 近年の報道によれば、祭りの本場とされた𥔲嘉鎮の行政当局はこれが荒唐無稽なデマであると主張、イ族の暦法や祭祀習俗に照らしてもこうした行事はありえないと述べている。しかしながら、中国では2010年ごろまで大手メディアを含めて上記の祭りの話をウェブ上でしばしば掲載していたため、現在もなお騙される中国人が少なくない。

 とはいえ、これが本当に「デマ」なのかは、他ならぬ中国の話だけによく分からない部分もある。風紀の乱れにうるさい現地当局が故意に隠蔽しているだけで、本当はうら若き乙女たちによる魅惑の祭典が辺境の山里でひそかに受け継がれているのではないか――。そんな想像をしておくほうが、世の男性諸氏は幸せな気持ちで生きていけるかもしれない。

野菜を売る雲南省の露店(筆者撮影)


[2] 雲南省の中緬辺境にロヒンギャ難民4万人が流入

 同じく雲南省の徳宏タイ族チンポー族自治州の話である。この地域周辺はミャンマーと長大な国境線を接しているが、国境の向こうのミャンマー領はネピドーの中央政府の支配が及ばず、現在もなお複数の軍閥勢力が統制に服さないまま割拠している。これらの軍閥はミャンマーよりも中国とのつながりの方が深いため、中国との国境管理はザル同然。現地の人たちはパスポートを持たずに平気で国境を行き来している(・・・と、ここまではウソのようだが本当の話である)。

 いっぽう、ミャンマー西部にあるラカイン州には、イスラム教を信仰するロヒンギャという集団がおり、仏教徒が9割を占める同国において凄惨な迫害を受け、ラカイン州と国境を接するバングラデシュなどに大量の難民が流出している。

(参考)BBCニュース「ミャンマー少数民族ロヒンギャの扱いは「人道犯罪」=人権団体」

 上記のような事実を踏まえて、中国のネット上では2014年ごろから、雲南省の国境都市、瑞麗に4万人のロヒンギャ難民が流入し、中国政府から衣食住を提供されてモスク(イスラム教の信仰施設)まで建ててもらい手厚く保護されているとの噂がささやかれるようになった。

 デマ書き込みのなかには、同じくミャンマーの近隣国だが難民問題に厳しい姿勢をとるタイを引き合いに出し、「『中国にいるのはずっと安全です。真の家を見つけた気がします』とロヒンギャ人は記者に語った」などと報道調で伝えているものもある。信じる人は多いようだ。

 だが、こちらも真っ赤なウソである。北京の中央民族大学で学ぶ大学院生が現地でフィールドワークを行い、「ロヒンギャの件はフェイクニュースだった」という結論の論文を発表しているからだ(趙天一「雲南徳宏州瑞麗市羅興亜人現状調査」『社会研究』2015/5/19)。

 論文を読むと、1989年生まれの著者は当初は本気でロヒンギャ人調査をしようと考えていたが、学生の身でわざわざ交通費を使って北京から2000キロ離れた辺境まで行ったのにアテが外れ、紙幅を埋めるために苦心惨憺している様子が見て取れる。そもそも冷静に考えれば、ロヒンギャ人の故郷であるラカイン州から中国雲南省の瑞麗の距離にしても、やはり600キロ近く離れており、数万人の難民が迫害を避けて移動するのは大変そうである。

 もっとも、瑞麗ではミャンマー側の中国系軍閥が内戦を起こした際に、数万人規模の中国系住民が国境を越えて中国側に避難する事態がしばしば起きている(今年の年初にも発生した)。ロヒンギャ難民の話は、おそらくこうした現地の状況を下敷きにしたうえで生まれたデマなのだろう。

[3] アフリカ各地を中国農民の植民村が侵食

 国別GDP額が世界2位の経済大国・中国だが、首都の北京をとりまく河北省の農村地帯は「環首都貧困ベルト」と呼ばれる貧しい地域として知られる(ここまでは本当の話である)。この河北省の農民たちが新たなフロンティアを求め、大挙してアフリカ各地に移住。中国人民の力で広大なサバンナを切り開いて大根や白菜を植え、「アフリカ保定村」(保定は河北省の都市名)と呼ばれる複数の開拓村落を形成している――。

 これが事実ならば、いわば現代中国版の満蒙開拓団であろう。中国国内の激しい経済格差や河北省の環境汚染のすさまじさを考えれば本当にあってもおかしくなさそうな話だ。

 だが、残念ながらやはりデマらしい。中国のネット上に同名の公式ウェブサイトは存在するものの、実際の村落は存在しないと見られるのだ(こちらのデマのウラ取りについては、川島真『中国のフロンティア』(2017年 岩波新書)に詳しい)。

 どうやら本件のキーマンは、「アフリカ華人大酋長」の異名を持つ劉建軍という人物。目立ちたがり屋のビジネスマンで中国共産党員でもある彼が、ゼロ年代のなかばに人脈を活かして中国国内メディアに自身の構想を「吹き」まくった結果、開拓村のデマが独り歩きしたというのが真相のようである。

 もっともこの劉建軍、デマが広がり知名度が上がったのを奇貨としてか、『アフリカ保定村』と題するウェブサイトを中国人向けアフリカビジネス情報総合サイトに育て上げ、現在もなお在アフリカ中国人社会の名士として君臨している。実に食えない男もいたものだ。

『アフリカ保定村』公式サイトに掲載された「華人大酋長」劉建軍氏の写真。素敵である。


消えては現れる「江沢民死亡説」

 なんともまことしやかで、ロマンとスケール感にあふれた中国のフェイクニュースの数々。いかがだっただろうか。

 実は上記の3件、いずれも私自身も耳にした当初の時点では信じてしまい、現地に取材に行こうと詳しく調べた結果、デマだと判明して断念した話ばかりである。とてもがっかりしたので、本稿に記すことで供養をしておきたいと考える次第だ

 ところで、ほかに中国国内ではタブーの話ながら、興味深いデマとして元国家主席の江沢民の死亡説も有名だ。現在90歳の彼は中国の元要人のなかでもダントツでネタにされやすく、2011年に『産経新聞』がデマに釣られて号外まで出した事件をはじめ、しばしば死亡説が流れている。

 一方、今年5月上旬に再び死亡説が流れた(3年ぶり4回目ぐらい)ときは、「江沢民、またもや『死んだことにされる』」という見出しが在外華人メディア『博迅新聞網』に載った。近ごろは報じるメディアの側も慣れてきたらしい。

 ニセモノ大国中国は、嘘も真実も背中合わせだ。かの国のニュースには、こんな楽しみ方もあったりするのである。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:安田 峰俊