RP-SUD512P3

パナソニック株式会社は、USB3.1(Gen1)に対応した外付けポータブルSSDの512GBタイプ(型番:RP-SUD512P3)を6月16日に発売すると発表した。同製品は、同社が2017年2月に発売した、128GBタイプと256GBタイプのポータブルSSDの512GBタイプ。80(幅)×49.5(高さ)×9.4(奥行)の小型・薄型デザインで、重量は約25g。データ転送速度は400MB/秒。

従来製品と同様の高性能コントローラーを搭載し、データが読めなくなる前に自動で検知・修復する自動リフレッシュ機能によって繰り返しの読み出しに対するデータの劣化を防止できる。また、書き換えを平準化するウェアレベリング機能により、SSDの寿命を最大化している。さらに、データエラー訂正機能として、LDPC(Low Density Parity Check)機能も搭載している。パナソニック株式会社
価格:オープン
URL:http://panasonic.jp/p3/products/ssd.html
2017/06/05
▷こちらもおすすめ

サンワサプライ、空中に立体造形できる3Dペンを9480円で発売開始

 

スマホを置くと「サザエ&フォボナッチ構造」で音を美しくする無電源スピーカー「LISTEN」

 

ロジクール、高耐久アルミ合金を採用したメカニカルキーボードを発売