「ぺんてる株式会社 HP」より

写真拡大

 文房具の老舗メーカー、ぺんてるが2月に発売した、高級シャープペンシル「オレンズネロ」が爆売れしている。

 1本3000円(税抜)と、シャーペンにしてはかなり高額にもかかわらず、発売から3カ月たった今も、入荷するたびに即完売という状況だ。Amazonなどのインターネットショッピングサイトでは、定価の3倍近い値が付けられているプレミア商品となっており、転売目的で購入する人まで出ているほどだ。

 そこで、ぺんてるマーケティング推進部に、「オレンズネロとほかのシャーペンの違い」について話を聞いた。

●開発に2年を要した「オレンズネロ」

「一般的なシャーペンとの一番の違いは『自動芯出し機構』です。普通のシャーペンは、芯を保持する“チャック”という部品が3つ割りになっていますが、『オレンズネロ』は“ボールチャック”という2つのボールで芯をつかむ構造になっています。3つ割りチャックはノックをすることで芯が出てきますが、ボールチャックは筆圧がかかった場合には芯を保持し、離すと芯を出す仕組み。つまり、芯が“後ろ”に下がることは制御しますが、“前に”出すことは許容するつくりになっているのが大きな特徴であり、開発時に試行錯誤してこだわった部分でもあります。2014年にはすでにオレンズネロの構想があったのですが、書き心地など様々な課題があり、完成までに2年もかかってしまいました」(ぺんてるマーケティング推進部担当者)

 この機構により、紙からペン先を離したときに、磨り減った分だけ芯が戻るというわけだ。

また、一般的なシャーペンの開発期間は1年程度とのことなので、オレンズネロは通常の倍の開発期間を要した、ぺんてる渾身の商品なのだ。では、そもそもなぜ3000円以上もする高級シャーペンを開発しようと思ったのだろうか。

「オレンズネロは、2014年に発売した『オレンズ』という商品の進化形なのですが、こちらもラインナップは、芯径0.2ミリと0.3ミリでした。細い芯というのは、書いているとすぐに磨り減ってしまい、ノックの煩わしさが増えてしまいます。その不満点を解消するために『自動芯出し機構』を組み込んだのがオレンズネロです。ただ、オレンズは定価が500円でしたが、自動芯出し機構を付けるとなると、部品点数がかなり増えて3000円という価格になってしまいました。つまり、狙って高級シャーペンを開発したというよりは、技術者がこだわりぬいた結果、3000円になってしまったということなのです」(同)

 一般的なシャーペンは15個前後の部品で構成されているのに対し、オレンズネロは0.2ミリタイプで28個。さらに、それを機械ではなく人の手によって組み立てているのだとか。

●ヒットの秘密は“売り方”

 次に、文房具ライターとしてテレビや雑誌などで活躍するイグチフミヒロ氏に、オレンズネロがヒットした理由について話を聞いた。

「パイプ構造によって芯が折れるのを防ぐ『オレンズシステム』や、一度ノックするだけで芯がなくなるまで書き続けられる『自動芯出し機構』など、シャーペン自体の性能が優れていたのがひとつ。加えて、『“ユーザー”ではなく、“オーナー”になってください』と訴えた、ぺんてるの“売り方”もヒットした大きな要因だと思います。まるで高級車でも買うような気持ちになり、それが多少お金に余裕のある男性の心に響いたというわけです」(イグチ氏)

 確かに、オレンズネロは消耗品というよりも嗜好品に近い印象を受ける。

「3000円もするだけあって、質感、デザイン性に優れ、所有欲も満たされる。また、普通に使う分には500円のシャーペンで十分なのですから、なぜわざわざオレンズネロを買ったのかという“購入に至ったストーリー”を他者に話すこともできますよね。さらに、シャーペンを使ううえでストレスだった“芯折れ”や“ノックの面倒さ”も解消されているわけですから、売れないはずがありません」(同)

 さらに、オレンズネロは経済的に余裕のある男性だけでなく、学生の購入者も多いという。

「若い人たちにも売れているというのは、それだけ心の余裕が生まれたという証拠なのでしょう。今は学生でも1000円程度のシャーペンを数本持つような時代になりました。ということは、高いものでも質が良ければ受け入れられる下地はすでにできていたということです。そこにオレンズネロが現れたことで、少し高くても1本いいものが欲しいと思っている人々が食いつき、現在の大ヒットにつながったのではないかと思います」(同)

 ただ、現在、購入者の多くが男性であるように、今後さらにヒットし続けるためには、“新たな戦略”が必要だとイグチ氏は分析する。

「今のところは黒の1色展開ですが、人の好みは非常に多様化していますので、もっと広く普及させるためには、カラーバリエーションを増やしたほうがいいと思います。これまでぺんてるがつくってきたシャーペンは黒が多く、こだわりがある部分なのかもしれませんが、あまり女性向きとはいえません。せっかくいいものなのだから、多くの人に使ってもらいたいという意味でも、カラーバリエーションは増やしていってほしいですね」(同)

 ぺんてるの担当者は、品薄が続く状況に対し「これから安定的に供給できるような体制を整えていきたい」と述べている。まだまだ生産が追いつかず、欲しい人の手に行き渡っていないのが現状だが、店頭で見かけた際は、ぜひ一度手にとって、その質感や機能を体験してみることをおすすめしたい。
(文=日下部貴士/A4studio)