張本智和、「洗礼」に散る 世界3位の意地「若者というだけでタイトル与えられない」

写真拡大 (全2枚)

男子単最年少メダル逃す…許キン浴びせた世界の洗礼「全員がタイトル目指している」

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、史上最年少で日本代表に選ばれた13歳・張本智和(エリートアカデミー)が世界ランキング3位の許キン(中国)に1-4で敗戦した。注目された大会史上最年少メダルはならず、ワンダーボーイを退けた27歳の許キンは「若者というだけでタイトルを与えるわけにはいかない」と世界トップ選手の意地を明かしたという。国際卓球連盟(ITTF)公式サイトが報じている。

 13歳の天才少年の夢は、叶わなかった。勝てば、男女を通じて大会史上最年少となるメダルが獲得する歴史的な一戦。張本が目指した世界一への挑戦はベスト8で途絶えた。

 ITTF公式サイトも試合後、すぐさま速報した。

「日本の天才、トモカズ・ハリモトの旋風は終わりを告げた。世界ランキング3位の許キンが、彼のさらなる番狂わせを阻止した」

 こう見出しをつけ、「ハリモト旋風」が終焉したことを紹介している。

 張本は大会史上最年少となる13歳の若さで8強に進出。日本のファンのみならず、世界のファンが歴史的な瞬間を待ち望んだが、それは中国のトップ選手によって阻まれた。相手はリオ五輪団体金メンバーで、14年に世界ランク1位に君臨した許キン。中国が誇る3枚看板の一人に数えられる27歳に力の差を見せつけられた。

「世界の洗礼」浴びせられた13歳「メダルとそれ以外は一緒。やっぱり悔しい」

 第1ゲームを9-11で先取された。第2ゲームこそ11-6で取ったが、流れは呼び戻せず、3ゲーム連続で奪われて終戦。史上最年少となる表彰台には届かなかった。

「世界選手権で戦っている全員がタイトルを目指している。若者というだけで、彼にそれを与えるわけにはいかない」

 試合後、27歳の許キンはこのように語り、トップ選手の意地を明かしたという。13歳の少年は世界の洗礼に屈する形となった。

 今大会、2回戦で日本のエース・水谷隼を破り、ITTFは「衝撃的な番狂わせだ」と特集。「ハイパー・アグレッシブなスタイルが彼を引き上げた」と下剋上の要因を分析し、史上最年少で8強入りを決めると「優勝候補だ。この少年は只者ではない」と称賛された。一つ勝つごとに記録がついて回る年齢が注目されたが、許キンの言う通り、世界の頂には若さだけではたどり着けない。

 それは「卓球には年齢は関係ない」という本人が一番理解している。敗戦後には「ベスト8もうれしいけど、メダルとそれ以外は一緒。やっぱり悔しい」と語った。

 誰も成し遂げられなかった領域でつかんだ経験をバネにして、いつか世界トップ選手を超えられるように――。さらに成長を続けていくしかない。