アポロは米ワシントン州内で捨てられていたピットブル犬だ。“凶暴”というイメージから、個体の本質を見ることなく敬遠されがちな犬種であり、アポロも保護されたシェルターで新しい家族が見つけられないまま、6ヵ月もの月日を過ごした。

安楽死寸前だった

元気いっぱいのアポロに命の期限が迫ったころ、シェルターのスタッフが連絡をしたのは、ワシントン州内で麻薬探知犬の訓練をしているトレーナーだった。

「アポロに麻薬探知犬の素質があるかを見て欲しい」

そう言われたトレーナーは、アポロにいくつかの訓練を実施。その結果、「立派な麻薬探知犬になれるかもしれない」と判断して、アポロを引き取ったのだ。

DOC(矯正局)内にある犬舎にて、アポロは彼を相棒に選んでくれる警察官の登場を待つことになった。

1年間相棒が見つからなかった

しかし、アポロを相棒に選んでくれる警察官はなかなか現れなかった。ここでもアポロの“ピットブル”という犬種が足枷となったのだ。

タックウィラ警察署から電話がかかってくるまで、実に12ヵ月間もアポロは相棒を待ち続けた。

「チャンスさえあれば…」

タックウィラ警察署がDOCに、麻薬探知犬について問い合わせの電話をしたのは、昨年の夏。電話を受けたトレーナーは、「もしチャンスさえもらえれば、訓練で一番の成績を収めるはず」とアポロを紹介したのだ。

そして、タックウィラ警察署はそのチャンスをアポロに与えることにした。

一番の成績で訓練を修了

そんなタックウィラ警察署の判断を、アポロは裏切らなかった。

昨年の11月、彼は一番の成績で麻薬探知犬の訓練を修了したのだ。とってもフレンドリーで、訓練を通した仲間とのコミュニケーションを楽しんでいたという。

アポロは現在、タックウィラ警察署の一員として相棒の家でともに暮らしている。

3万4,000人がリアクション

タックウィラ警察署は5月23日、「新人警察犬のアポロを紹介します」という書き出しで、アポロが一員になるまでのいきさつをFacebookに投稿。

すると1週間も経たないうちに3万4,000人がリアクションし、2万3,000件近いシェアを受けた。

「ステキなお話」「ピットブルに偏見を持たないでくれてありがとう」「かわいいワンコね」「ほかの警察署も後に続くといいけど」「アポロ専用のアカウントを立ち上げたほうがいいよ」などなど、コメントも3,900件近く投稿されており、そのほとんどが温かいものばかりだ。

市民と触れ合ったアポロ

あまりにも大きなリアクションに驚いたタックウィラ警察署は、5月24日に予定されていた市民と警察官との触れ合いイベントにアポロを招待した。

そこではアポロの人懐っこさや賢さ、温厚さがよくわかるこんな光景が見られたそうだ。

この動画を見た人からは「小さくて見知らぬヒトのために床に転がれるなんて感動的」「悪い印象の原因は、犬種じゃなくてオーナーだよね」など、改めてアポロの素質に感心した人からのコメントも寄せられている。

アポロに見た“共通点”

アポロの事を投稿してから、アポロのための防弾チョッキを提供してくれる団体もいたという。そのほかにも感謝の声や支援の申し出が相次いでいるそうだ。

タックウィラ警察署は5月27日、あらためてアポロについてこんな思いをFacebookに投稿している。

アポロと私たちのような法執行機関で働く人間とは、いろいろな共通点があります

その共通点のひとつは、制服やバッヂの向こう側にいる人間をなかなか見てもらえないことだ。

過去の警察官がしてきた間違いによるレッテルを感じているからこそ、同じように悪いレッテルを貼られているアポロに「チャンスを与えたい」と思ったのだという。

また、タックウィラには難民や移民も多く、地域の学校に通う生徒の出身は20ヵ国にも及ぶという。

「アポロをチームの一員に、多様性に富んだタックウィラのコミュニティの一員にできてよかった」とコメントしているタックウィラ警察署。シェルターやDOCで、新しい家族を待ち続けたアポロだが、彼らしさを愛してくれる、最高の家族と出会えたようだ。