AI、「最後は必ず正義が勝つ」MV公開 AIがゲームの世界で“悪”に立ち向かう

写真拡大

 AIが、6月7日にリリースする約4年ぶりのオリジナルアルバム『和と洋』より、アルバムリード曲でテレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』主題歌「最後は必ず正義が勝つ」のMVを公開した。

(関連:AI『みんながみんな英雄』なぜ配信で大ヒット? その理由をカバーの変遷から読み解く

 『和と洋』のジャケット・アートワークやアーティスト写真、アルバムトレーラー映像に至るまで、ビジュアルのトータル・プロデュースを手掛けているのはイギリス在住のアートディレクターであるケイト・モロス。今回のMVは、ケイト氏に“海外から見た日本”をテーマにしたMVの制作を依頼したところ、ゲーム大国として名高い日本を象徴するようなアニメーション作品が完成したという。

 「最後は必ず正義が勝つ」のレコーディングにおいても、AI自身が思い描く「和」の象徴として、“鼓童”をフィーチャリングし和太鼓を収録した際、同じように「和」の表現として欠かせないモチーフとして意識して取り込んだのがゲーム音楽で、両方のサウンドを共存させて表現。MV制作には日本人クリエーター・ten_do_ten(テン・ドゥ・テン)を起用し、彼の得意とする8ビット・ビジュアルを用いて、AIがキャラクターとして登場するアニメーションが完成した。楽曲の歌詞のストーリーさながらに、AIが迫りくる「悪」(敵)と立ち向かい、次々にステージをクリアしていく様が描かれている。

 また、オリジナルアルバム『和と洋』はデジタル先行配信の予約注文を受付中。予約注文すると先行で、アルバム「和と洋」から7曲をダウンロードして聴くことができる。なお、AIは、『和と洋』を携えた全国ツアー『AI TOUR「和と洋」』を9月9日川口リリア・メインホールを皮切りにスタートする。(リアルサウンド編集部)