ケースメーカーから流出したCADデータをもとに3Dプリンタで作成、着色した「iPhone8」の模型を写した動画を、米メディアCult of Macが公開しました。

iPhone7より一回り大きい「iPhone8」

公開された3Dプリンタ製の「iPhone8」のサイズは、高さ143.59mm、幅70.94mm、厚さ7.56mmで、iPhone7より一回り大きくなっています。
 

 
本体色としてブラック、ゴールド、シルバーの3色が示されています。本体背面パネルの色が黒か白だけなのは、「iPhone8」はワイヤレス充電に対応するため、本体背面が金属製ではなくガラス製になる、との噂を反映していると見られます。
 

ケースメーカーから入手したCADデータをもとに作成

「iPhone8」の模型の制作に使用されたCADデータは、Cult of Macが中国のスマートフォンケースメーカー、YesGoから入手したものです。YesGoは、CADデータは「iPhone8」の製造を担当している工場から入手した、と主張しているそうです。
 

 
また、YesGoは人気ケースメーカーのSpeckやOtterboxと同じ工場で製品を作っているとのことです。
 
Cult of Macが公開した映像はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:Cult of Mac
(hato)