No.778 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team

写真拡大 (全3枚)

 第28回鈴鹿8時間耐久ロードレース決勝が、31日午前11時30分ちょうどにスタートした。8耐のスタートはルマン式と呼ばれる、ライダーがコースの端から一斉に走り出し、コースの反対側のマシンに乗り込んでエンジンを掛けてのスタートを行う。

 スタートで飛び出したのはホンダワークスチームのセブンスターホンダ7号車(清成/宇川組)、第1ライダーは清成が務める。2位はF.C.C. TSR ZIP-FM(辻村/伊藤組)の辻村、3位にヨシムラスズキJOMO with SRIXON(加賀山/渡辺組)の加賀山がつける。スタート後まもなくヨシムラの加賀山がF.C.C. TSR ZIP-FMの辻村を交わし2位に浮上し、トップを行くセブンスターホンダとの差を詰める。その後ろでは間隔を開けてF.C.C. TSR ZIP-FMの辻村と仮面ライダー響鬼 Honda RTの山口が3位争いを繰り広げる展開となる。

 まもなく1時間が過ぎようとし、各チーム1回めのピットインでライダー交代を行う中、2位ヨシムラと3位F.C.C. TSR ZIP-FMが並んでピットイン。ピット作業での順位変動に注目されたが、ここでなんとヨシムラにマフラー交換のトラブルが発生。1分40秒ほど時間を費やすはめになり、14位まで大きく順位を落とす結果となった。

 1時間を終えた時点での上位の順位は、1位セブンスターホンダ7号車、2位F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team、3位面ライダー響鬼 Honda RT。livedoor バイクにて特設サイトを展開中のF.C.C. TSR DyDo MIU Racing Teamは7位につけている。ゴールは7時間後の午後7時30分に迎える。

F.C.C.TSR DyDo MIU Racing 鈴鹿8耐 - livedoor バイク
鈴鹿8耐決勝レース実況生中継 - livedoor バイク