12星座別週間(6/5〜6/11)アロマテラピー占い

写真拡大

みなさんこんにちは。
瑠璃光ルナです。

今週は9日に射手座サインで満月です。
射手座の支配星は木星、そこに月と土星がコンジャクションします。

木星、月の精油は、この満月のアロマテラピーでぜひ使ってみましょう。
木星は発展、寛容、豊かさ、幸福がテーマになります。

熱と湿気をもち、主なものには、オレンジ、マンダリン、メリッサ、ジュニパーなどがあります。
気分を盛り上げてくれる作用があり、緊張した状態を緩和しリラックスさせます。
狭い空間から広い世界へとすっと広がっていく感覚 がして、悩んでいることがあれば「たいしたことないさ」と思ってしまうような寛容さをもちます。

射手座サインの楽観性、視野の広さ、自由な感覚を味わうのには、まさにぴったりの精油になります。

ブレンド例として、柑橘系の精油には、ラベンダー、ゼラニウムなどフローラル系の精油との相性が最高です。

今回の満月では、土星の存在がとても気になります。
土星には、抑制、努力、試練などのテーマがあります。

満月は精神を解放する日なので、土星のテーマは重く感じてしまいます。
ですからこの日は土星の精油はあえて使わないでおく方がいいでしょう。
満月ではこれまでの頑張りを評価することが大事 です。

この日にストイックになると普段より気分が落ち込んでしまい、コンプレックスを感じてしまいやすくなります。

土星の力を弱めてあげるためにも、木星の精油で気持ちを明るくしていくのはおすすめですよ。
芳香浴やアロマバスなどでゆっくりと気持ちをリラックスさせましょう。

また、月の精油は感情をコントロールしてくれます。
月の支配部位は、胃や子宮、脳です。

家でくつろぐ時間、プライベートの時間は誰にも邪魔されたくないもの。
このときに心底リラックスして自分らしく過ごすことが大切です。

子供の頃のような無邪気な気持ちにさせてくれて、家の温もりを感じる精油が月の精油です。

月の精油のカモミール、レモン、クラリセージなどは、神経をリラックスさせ、気持ちを無垢な状態 にしてくれます。

ブレンド例としては、カモミールとサイプレス、クラリセージとカルダモン、レモンとフランキンセンスなどがおすすめです。

射手座の満月では、火のエレメントということで、気持ちが高揚することがあります。
そんなときには月の精油の冷感作用と湿気をもつ性質で、気持ちをクールダウンさせてみてください。

恋愛でも、この時期は木星と月の精油を上手く活用していくとバランスのとれた心の状態 でいられますよ。

●牡羊座

火星と天王星の精油
ジンジャーとライム

●牡牛座

金星と火星の精油
レモングラスとペパーミント

●双子座

太陽と海王星の精油
ベルガモットとフランキンセンス

●蟹座

火星と土星の精油
ブラックペッパーとティートリー

●獅子座

太陽と木星の精油
ローズマリーとプチグレン

●乙女座

水星と木星の精油
マジョラム、ローズウッド

●天秤座

木星と冥王星の精油
オレンジ、イランイラン

●蠍座

海王星と月の精油
サンダルウッド、レモン

●射手座

木星と月の精油
ジャスミン、カモミール

●山羊座

木星と金星の精油
マンダリン、ゼラニウム

●水瓶座

水星と太陽の精油
ラベンダー、ネロリ

●魚座

火星と月の精油
バジル、レモン

----------

いかがでしたか?

6月は湿気の多い時期。
高温多湿ではカビや細菌も発生しやすくなりますね。

温度調整だけでなく、湿度にも気を配って心地良い空間を作っていきましょう。

●ライター/瑠璃光ルナ(占いライター)