スマホのゲームは時短が優先? ネット攻略情報に依存するスマホゲーマー事情とは

写真拡大

5月30日、スマートフォン向けゲーム攻略サイトを運営する「GameWith」のマザーズ上場が承認され、6月30日にマザーズ上場の予定であると発表されました。

同社は2013年に創業し同年9月にスマホゲーム攻略サイト「GameWith」をオープン。現在は月間8億9000万ページビュー、月間ユーザー数4176万人規模にまで成長している国内最大級のゲーム攻略サービスです。

いまや国内のスマートフォン普及率は約7割、10代に限れば9割がスマートフォンを利用しています。
こうしたスマホ普及にあわせて、スマホゲーム利用者も急増しています。
ゲームメーカーも、毎週のように新規タイトルをリリース。

国内ゲームメーカーの主戦場は、スマートフォン上に移っているといってもよいでしょう。

スマホゲームが増えたことにあわせて成長しているのが、ゲームを効率的に進める「ゲーム攻略」のサービスです。
「GameWith」のマザーズ上場のニュースは、こうした背景を証明するニュースでもあります。

昨年12月に発表された株式会社セガゲームス ゲームスタイル研究所の調査によると、スマートフォンゲームが中心になることで、プレイスタイルで、ある傾向が見られるといいます。

■ユーザーの約7割が行き詰まったら「攻略情報を調べる」と回答
調査によると、ゲームをプレイするユーザーの7割が、ゲームの進行で行き詰まった場合、「攻略情報」を調べると回答しています。

・「タイトル名 ステージ名 攻略」などのワードで検索する
・新しいキャラをゲットする
・新しいステージに挑戦する
こうしたケースでも、ゲームユーザーは、ネットで情報収集をしているようです。

現在のスマホゲームをプレイするユーザーにおいて、
「ゲームのプレイ」と「攻略情報の収集」を行き来する
というプレイスタイルが、定着していることを示しています。

こうした現象は
・ゲームをプレイするデバイス
・ネットで情報を検索するデバイス
これが、スマホという同一のデバイスでできることが、後押ししているとも言えそうです。

■スマホのゲームは、攻略情報を収集ありきで遊ぶ?
スマホゲームでは、多くのユーザーが攻略情報を常に確認、利用しながらプレイしていることが判明しました。

しかし、スマホゲームでの攻略情報の収集には、さらに「効率化」という特徴があることもわかりました。

スマホゲームの攻略では、ほかのゲームと比べて、「時間短縮」する目的のゲーム攻略方法が多く検索されているようです。

スマホゲームで時短を目指す理由としては
・ゲームをプレイする時間は、移動などのスキマ時間が多い
・ゲーム内での行動力やスタミナが現実の時間経過で回復するゲームシステム
・期間限定のイベントやキャンペーンイベントが多い
こうしたスマホゲームの特徴から、より短い時間で進行、クリアできるプレイスタイルを探す傾向があるようです。

つまり、スマホゲームをプレイする人は、現実世界でのプレイ時間に制約があるというわけです。
このため、ゲームを短時間で進めたり、クリアしたりする必要があるのです。
家庭用ゲーム機のように、じっくり自分の力で考えたり、試行錯誤したり、サイドストーリーを楽しんだりせずに、「目標達成までの最短距離」を目指して遊ぶことを優先しているのです。

こうしたプレイスタイルの結果、
「効率的に進められる攻略情報」へのアクセス、情報チェックを行っていると思われます。

■攻略Wiki必須、育成システムが複雑なタイトルの増加
スマホで専用ゲームが登場した黎明期の2007年頃は、シンプルなパズルや、ブラウザベースのゲームなど、比較的単純なゲームが主流でした。
家庭用ゲーム機のような複雑なルールやシステムを持つゲームは、わずかでした。

しかし、現在のスマホゲームは、家庭用ゲーム機と比べても遜色ない開発費が10億円を超える大作ゲームも登場するほど進化しています。

ゲーム自体もストーリーが重厚かつ長大なRPGゲームや多彩な育成要素を満載したシミュレーションゲーム、キャラクター1人1人に有名声優を起用した音楽ゲームなど、本格的なゲームが続々と提供されています。

ここまでゲームアプリが複雑化、大型化すると、もはや、攻略方法を知らずにゲームをクリアすることは、不可能と言えるレベルです。

当然のように、スマホゲームをプレイする際は、
・攻略サービス
・攻略Wiki
などが、ほぼ必須となりました。

実際、大型スマホゲームでは、複雑化したキャラクターの育成システムに作業感を感じてしまったり、ライトなゲームユーザーがついていけなかったりするような状況も生まれており、危機感を感じている業界人もいるといいます。

■スマホゲームで攻略情報を見るのは当たり前?やりがいのあるゲームとは
スマホゲームは、ゲームとネットがセットになっていることが特徴です。
このため、SNSをしながら、ネット検索するのと同様に、ゲームをしながらネットの攻略情報を見てプレイするのも必然の行動といえます。

とはいえ、ネットの攻略情報に依存したゲームは、短時間でゲームを楽しめる反面、プレイが作業化してゲーム本来の楽しみが薄れてしまう懸念もあります。

今後、ゲームメーカーにとっては、攻略情報を見ながらプレイしても、ゲームストーリーやゲームイベントを楽しめ、達成感を味わえるというハードルの高いゲーム開発が求められていきそうです。


磯崎 新