Doctors Me(ドクターズミー)- 精液量により妊娠確率は変わる?正常な基準値と男性不妊について

写真拡大

妊娠をする上で、精液の量と妊娠確率はどのような関係があるのでしょうか?

また精液の量によって隠れている病気もあり、早期発見が重要になってきます。

今回は不妊の原因にもなる精液の量の異常について、詳しく医師にお話を伺ってきました。

精液の量によって妊娠の確率は変わる?


精液にある程度の量がないと、膣や子宮頸部を乗り越えて精子を届けることができません。

WHOは、2010年に発行した正常な精液所見を以下の通り定めています。

■ 精液量:1.5ml以上
■ pH:7.2以上
■ 精子濃度:1500万/ml以上
■ 総精子数:3900万以上
■ 運動率:40%以上
■ 正常形態精子率:4%以上

(参考:WHO)

精液量の決定要因


精液量は精嚢、前立腺、尿道球腺(カウパー腺)、精巣上体の分泌液によって決まります。

精液量が少ない場合


・精液が外に出る経路のどこかが詰まっている
・逆行性射精(精液が膀胱に向かって逆流すること)
・精嚢の発育が悪い
・ホルモンが少ない
など

精液量が多すぎる場合


精液が通る精嚢、前立腺、尿道球腺(カウパー腺)、精巣上体の臓器のどこかに炎症が起こっている場合もあります。

男性不妊の統計


普段は精子の状態が悪いが、たまたま状態が良かった時にたまたま妊娠したということもあり、正確にどの程度の男性においてWHOの基準を下回る精液所見であるかは不明ですが、不妊カップルの40〜50%において男性側の因子があるとされています。
(※1)

不妊カップルは10組から6組に一組と言われており、そう考えると、12組から25組に一組が男性因子による不妊との関係がありそうです。

不妊の原因となる男性の病気


乏精子症


精子の数が少ない場合、乏精子症と言います。

無精子症


精液を遠心分離して得た濃縮液を調べても、精子が一つも見られない場合は無精子症と言います。

精子無力症


精子の運動率が40%未満の場合は精子無力症と言います。

奇形精子症


精子の奇形が多い場合は奇形精子症と言います。

その他


精子や精液を作る機能(造精機能)自体が異常な場合と、精液が通る道の異常があります。

精液の検査内容


受診科目


精液検査は、不妊治療を行っている産婦人科で行われる場合と、泌尿器科で行われる場合があります。

採取する精子の基準


WHO基準は、禁欲2〜7日後に採取した精液を解析した結果から作られています。
実際に何日禁欲したうえで検査するかは各クリニックによって異なります。

■ 検査に適さない精子
コンドームには精子を殺す薬が塗られている場合があるため、コンドームをして性交をして放出した精子は検査に向きません。

検査方法


検査を行う病院で、もしくは自宅で採取して一時間以内に検査をします。

1. マスターベーションで採取し、容器に入れる
2. 採取した精子を顕微鏡で見て運動率や形を調べる
3. 遠心分離して濃度や数を数える

■ 検査の判定基準
複数回検査し、一回でも正常所見であれば異常なしとする場合が多いです。

精液の異常によって行われる不妊治療

体外受精・顕微授精


精液の所見が悪い場合、程度に応じて人工授精や体外受精・顕微授精が行われます。

精液には精子がいないが、精巣には存在する場合、精巣を切って精子を取る手術をしたうえで顕微授精を行うことがあります。

高度不妊治療


男性に対して何らかの投薬や治療をして、精液所見を劇的に改善する方法はなく、精液所見が極端に悪いと、女性側に問題がなくても高度不妊治療が必要になることになります。

最後に医師から一言


精液検査は健康診断などで行うものではなく、子どもが欲しいと思って検査しないと、自分の精液の状態は分からないものです。

また、精液所見は変化するものであり、基準値を上回っていれば必ず妊娠できるわけでもなければ、基準値を下回っているからといって妊娠が無理という訳でもありません。

(監修:Doctors Me 医師)