ちょっと時間が必要かも。バツイチ男性が恋に後ろ向きになってしまう4つの理由

写真拡大



こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

気になる男性がバツイチで、デートに誘ってみたけど反応が悪い……。

アプローチの方法が良くなかった、そもそもあなたに興味がなかった、などの理由が考えられますが、それ以外に、そもそも新しい恋に後ろ向きなバツイチ男性もいるのです。

彼らが、新しい恋をためらう理由とはどのようなことでしょうか。今回は、バツイチ男性が、恋に後ろ向きになってしまう理由について、代表的なものを4つお伝えしていきます。

■1.離婚の時、相当辛い思いをした。

離婚の時に、前妻と相当揉めて、辛い思いをした結果、恋愛や男女のやり取りに疲れてしまったのかもしれません。

もう、二度とあんな思いをしたくない!という気持ちが強すぎて、恋愛自体を避けてしまうのです。こういった傷つき体験が理由で恋愛を避けている男性と付き合うには、時間が必要です。

自分のペースで進めるのではなく、相手のペースに合わせ、ゆっくりと信頼関係を築き上げるようにしてください。段々と傷が癒えてきたとき、心がこちらに向くはずです。

■2.養育費による経済的負担で、前向きになれない。

前妻との間にできた子供の養育費のことで、経済的に負担になっているかもしれません。そのため、恋愛をしても経済的に満足させてあげられない気持ちから、恋に対して薄ろ向きなのかもしれません。そんな彼と付き合うには、「お金のかかる女」というイメージを与えないことがポイント。ブランド物を多く身に着けたり、遊び好きで派手な印象を与えてはいけません。それとなく、質素であることをアピールしましょう。

そして、お金よりも、精神的なつながりの方が大事であることをアピールした方が良いでしょう。

■3.もう、女性不振になってしまった。

離婚の理由が、前妻の不倫や借金、トラブルなどだった場合、女性不振になってしまっているケースもあります

冷静に考えると、前妻のような女性ばかりでないことも分かるのですが、反射的に拒否反応を示すのです。

この場合も、やっぱり時間が必要。離婚の原因を彷彿させるような態度は控え、前妻と私は違うということを示していくことが大事ですね。

■4.前妻との間にできた、子供のことを考えて前に進めない。

前妻との間にできた子供のことを考えると、新しい女性と付き合うことが申し訳なく感じている男性もいます。

新しい女性と付き合うとそれを見た子供が傷つくのではないか……そんな罪悪感から、新しい恋に前向きになれないのですね。

こういった男性には、寛容な態度を示すことが大事です。前妻や子供に嫉妬することなく、彼に対して、会いたいときに会っておいでと言えるような女性でいましょう。

■おわりに

バツイチ男性が恋に前向きになれないときは、このような理由が存在している可能性があります。どの理由であったとしても、基本は相手のペースで進めるしかありません。時間をかけて信頼を積み上げていくことが大事なのです。今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)