民主化への移行に台湾の経験を  蔡総統、中国大陸に呼びかけ

写真拡大

(台北 4日 中央社)中国大陸で民主化を求める学生らが武力弾圧された天安門事件から4日で28年を迎えた。蔡英文総統は同日、自身のフェイスブックで北京当局がより開放的な態度で同事件に向き合うよう呼びかけるとともに、台湾における民主化の経験を中国大陸と分かち合いたいとの考えを示した。

蔡総統は、ここ数年香港からの観光客、とりわけ若者が多いことに触れ、台湾の民主と自由主義を肌で感じようとしているとの見解を示した。また、香港のみならず中国大陸でも民主主義の実現に期待を持つ人がおり、「民主政治を前にいかなる国も逆戻りできない」とつづった。

蔡氏は中国大陸が台頭しつつあるのは事実だが、そのプロセスには民主主義が必要で、「民主化を遂げた大国こそ国際社会で尊重される」として、中国大陸の民主化移行プロセス短縮のためにも、台湾の経験を参考にしてほしいと呼びかけた。

(呂欣ケイ/編集:荘麗玲)