▽4日、明治安田生命J3リーグ第11節の4試合が行われた。

▽ここまでのリーグ戦、9戦7勝2分けで無敗を誇る首位のブラウブリッツ秋田(勝ち点23)は、現在2連勝中の3位・栃木SC(勝ち点19)と対戦した。好調を維持する両チームの戦いは、序盤から一進一退の攻防が続く。25分にはFKから広瀬が頭で狙うがポストに嫌われ先制点とはならなかった。

▽無得点で迎えた後半は、お互いに選手交代を行いながら、チームにテコ入れをしていく。すると82分に、首位の秋田がようやく均衡を破る。交代で出場した古田が、右サイドからクロスを入れると、田中がボックス内で競り合いボールがこぼれる。そこに山田樹が反応。左足を振り抜きネットに突き刺した。試合はこのまま終了。終盤に先制点をもぎ取った秋田が勝利し、首位をキープした。

▽その他、沼津SCがギラヴァンツ北九州を1-0で下し、秋田に敗れた栃木をかわして3位に浮上。藤枝MYFCは福島ユナイテッドFCを2-1で退けた。

◆明治安田生命J3リーグ第11節

▽6/4(日)

福島ユナイテッドFC 1-2 藤枝MYFC

栃木SC 0-1 ブラウブリッツ秋田

アスルクラロ沼津 1-0 ギラヴァンツ北九州

鹿児島ユナイテッドFC 2-1 ガイナーレ鳥取

▽6/3(土)

グルージャ盛岡 0-2 藤枝MYFC1 YS横浜

カターレ富山 2-0 SC相模原

FC東京U-23 1-0 G大阪U-23

C大阪U-23 1-2 FC琉球