若気の至りで無茶をした経験は誰にでもあるものだが、その際の記念品を36年もの間、体内に抱え続けた男性がいた。50歳の健康診断で発見されたのは2本のボールペン。4月末、男性の胃から無事摘出されたもようだ。『UPI』や『New York Post』などが伝えている。

中国・江蘇省で体内から2本のペンを摘出する手術を受けた男性がいた。名前はワン(王)さんとしか報じられていないが、今年2月のレントゲン検査で36年前の忘れ去られた記念品が思いがけず見つかった。

担当した医師の話では、脊髄に近い胃の中で縦に2本、ボールペンが並んでいたとのことだ。医師がワンさんに伝えると、彼は驚く様子もなく次のように語った。

「14歳の頃、アルコールを飲みながら友人達と賭けをしました。それで負けた際にふざけて飲み込んだのです。」

ワンさんはボールペンのことなどすっかり忘れていた様子で、「胃の中でとっくに消化されたと思っていました」とメディアの取材に話している。

36年経ってもボールペンがワンさんの健康に全く影響を与えなかったことに、医師は「内臓を突き破ることなく、胃に留まっていたことが幸いしたようです」と述べている。

4月24日に摘出されたボールペンは36年間、胃酸にさらされてきたにもかかわらず形状を保っていたようだが、「その後ワンさんが記念に持ち帰ったのか」「今でも文字を書くために機能しているか」については明らかにされていない。

中国ではワンさん以外にも昨年、「友達をアッと言わせたかった」という理由から、15cmのクギを8本飲み込んだ男性が話題になった。
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)