放送開始「デュエル」チョン・ジェヨン&キム・ジョンウン、クローン人間に遭遇

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「デュエル」で拉致された娘を探す為に乗り出したチョン・ジェヨンがクローン人間に遭遇する内容で強烈な初放送を披露した。

韓国で3日にOCNオリジナルドラマ「デュエル」が初放送された。この日の初シーンは拉致された娘を探す為に乗り出した刑事チャン・ドゥクチョン(チョン・ジェヨン) の姿が描かれた。彼はお金を持ってこいという犯人の要求に従い、ゴルフバッグにお金を積み込んで犯人が指定した場所に駆けつけた。

強力部検事のチェ・ジョへ(キム・ジョンウン) はついて来ないで欲しいというドゥクチョンには内緒で刑事を手配し、結局ドゥクチョンは犯人が指示した場所で娘を探せなかった。続いて犯人に渡したお金が偽造紙幣であることが明らかになり、ドゥクチョンはチェ・ジョへに怒り出した。

続いてお金が入ったカバンに付けられたGPSを通じて犯人がバスターミナルに移動したことを知った。彼はバスターミナルで娘を探す過程で拉致犯と同じルックスをした男を発見した。ドゥクチョンの名前を呼ぶその男にドゥクチョンは拳を飛ばした。

面食らう彼を殴りながら娘を拉致された父の怒りを爆発させるドゥクチョン。その際、ドゥクチョンは面食らっている拉致犯と同じ男を見つけた。彼は「面白いね」と言いながらドゥクチョンたちを見つめながら冷たい笑顔を見せていた。

同じルックスをした2人の男の登場にドゥクチョンは「あんたたち、何だ!」と叫びながら驚いた。

この日の放送では、この状況が起きる10日前のことが描かれた。子供の拉致殺害事件を捜査していたドゥクチョンはこの事件を隠蔽して5億ウォンを貰おうという検事チェ・ジョへの提案を受けた。白血病を患っている娘が奇跡的に幹細胞投与者として選ばれた状況で彼は3億ウォンが必要だった。結局チェ・ジョへの提案を受け入れ、娘を生かすことにした。しかし幹細胞治療を受けた娘が拉致され、彼は同じルックスをした2人の犯人に出会って衝撃を受けた。

娘を探す為の彼の追跡劇とクローン人間を巡るミステリーがどのように展開されるかに注目が集まっている。