警告=磐田:なし G大阪=藤本(21分)
退場=なし
【MAN OF THE MATCH】川又堅碁(磐田)

写真拡大 (全4枚)

[J1 13節] ジュビロ磐田 3-0 ガンバ大阪 2017年6月4日/ヤマハ 

【チーム採点・寸評】
磐田 7
 前半は一度もG大阪に決定機を与えず、ほぼ一方的に試合を支配し、アダイウトン&川又がゴール。相手が選手を交代してきた後半、立ち上がりの猛攻に耐えて、川又がトドメの一撃。
 
左ハムストリングスの肉離れから復帰した中村が起点となり、さらにFKから数多くのチャンスを演出した。全員が役割をまっとうし、快晴のヤマハスタジアムに快勝をもたらした。

【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 6.5
藤春の強烈なミドルをしっかりキャッチし、後半はアデミウソンの個人技に揺さぶられたが、最後までゴールを割らせなかった。
 
DF
41 高橋祥平 7.5 (87分 OUT)
前半は赤粼、後半はアデミウソンに、常に主導権を握って対応。さらに倉田のミドルレンジからのシュートをブロックするなど、危険を察知。今季一番と言えるパフォーマンスで、勝利をもたらした。守備のMVP。終盤に交代した負傷が気になるところ……。
 
3 大井健太郎 6.5
周りが素早くチェックし、最後にしっかりフタをするように“締めた”。井手口や遠藤の飛び出しを警戒しつつ、布陣変更にも慌てずに対応した。

35 森下 俊 6.5(84分OUT)
流れてくる長沢やアデミウソンに前を向いて仕事をさせず。相手も嫌がるぐらい高い位置からプレスをかけ続けた。
 
MF
5 櫻内 渚 6.5
前半から何度も上下動を繰り返し、藤春の攻撃参加を封じた。疲れの見え出したところで対峙する形で今野を投入されたが、最後の局面で仕事をさせなかった。

24 小川大貴 6.5
左ウイングバックとして、爆発的なスピードで何度か敵陣を突き破る。終盤ややバテたが、後半から投入された初瀬に走り負けず。自身のこれまでの殻を突き破る一戦になったはずだ。
 
8 ムサエフ 6.5
キックやパスがやや雑になったが、それを補ってあまりあるファイトぶりで貢献。10分に訪れたピンチでは、全力疾走でボールに襲い掛かってカウンターを封じ、チームに流れをもたらした。

40 川辺 駿 7
展開の先を読んでスぺ―スを卒なく埋めて、セカンドボールを何度も拾った。シュートブロックやインターセプトなどボールの奪いどころとなって黒子的にチームを支えた。
MF
10 中村俊輔 7 (74分 OUT)
 10番にボールを集める“信頼”からチームが機能。クロスバー直撃のFKを放つと、そのあとのセットプレーから2点目をもたらした。「決定的な仕事がなにもできなかったが、勝利のためにやれることはできた」と自分自身には“及第点”。ただ両チームの中盤に珠玉のタレントが揃うなかで、G大阪相手に勝利をもたらす、まさに「10番」の働きを見せた。

FW
20 川又堅碁 7.5(83分OUT) MAN OF THE MATCH
アダイウトンの先制点をもたらすフィードを放ち、その後、泥臭く2ゴール。全ゴールに絡む活躍を見せた。『ナイスパス!ナイスアシスト!賞』として贈られた、電動アシスト自転車「PAS」は「父の日も近いので、親父に贈ります」と喜んでいた。

15 アダイウトン 7
三浦を弾き飛ばして先制ゴールを奪取。スピードとパワーを活かして、GK守備陣をきりきり舞いさせた。守備面でも、左サイドからプレッシングを掛けるという「決めごと」を最後まで遂行。試合前の選手入場時に一緒だった「娘が幸運をもたらしてくれたよ」と、頬を緩ませていた。

交代出場
MF
22 松井大輔 6(74分IN)
中村と交代で、トップ下でプレー。守備面ではやや物足りなかったものの、テクニシャンぶりを発揮。ボールを落ち着いて正確に散らし、サポーターを唸らせた。
 
MF
27 荒木大吾 ― (83分IN)
ルヴァンカップの大宮戦での活躍が買われ、リーグ戦初出場。松井との連係から高度な技を見せた。今後も出場機会が増えそうだ。

MF
13 宮崎智彦 -(87分IN)
高橋の負傷交代に伴い、最後のカードで投入。左ウイングバックに入って、縦にプレッシングをかけて相手の反撃の芽を摘んだ。

監督
名波 浩 6.5
中村の2試合ぶりの復帰に伴い、守備時にアダイウトンと中村がサイドに張り出す3-4-2-1のシステムを選択したことが奏功。G大阪自慢のファビオ&三浦のCBコンビを翻弄し、3ゴールを奪い快勝を収めた。課題を挙げるならば、まだ攻撃の形が限られるところか。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5
ファビオ&三浦のCBコンビが磐田アタッカー陣の個を抑え切れず、今季最多3失点。前線もまったくと言っていいほど良いところがなく、中盤の争いも中村を中心とする磐田に上回られしまった。唯一の収穫は今野の怪我からの復帰だが、ボールに襲い掛かる獰猛さはまだ物足りなかった。試合後、アウェーにもかかわらず訪れた多くのサポーターから、猛烈なブーイングを浴びた。
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 5.5
いずれも不運が重なったとはいえ3失点。流れを変えるようなセーブを見せたかった。
 
DF
2 三浦弦太 4.5
リベロ的に最後方でラインをコントロール。持ち味のロングキックを放つ場面は限られた。アダイウトンとの1対1で簡単に身体を弾かれ、先制点を与えた。その後も、主導権を握られてラインも下げ、全体が間延びした。
 
3 ファビオ 4.5
基本的に川又のマークに付いたが、立ち上がりに決定機を許すと、常に主導権を握られた。
川又に狙われてボールを奪われ、致命的な3点目を与えてしまった。
 
4 藤春廣輝 5
前半に強烈なミドルを放ったが、その他は見せ場を作れなかった。相手の素早いチェックに苦しみ、最後まで効果的な攻撃参加をできなかった。
 
22 オ・ジェソク 5 (HT OUT)
アダイウトンのマークにつきながら、サイドで起点役になる。ただ藤本との連係が噛み合わず、チグハグな間にチームも劣勢を強いられ、アダイウトンに1得点・1アシストを許す。前半で交代に。

MF
7 遠藤保仁 5
川辺の素早いチェックを受けるなかで、前線にも顔を出してスペースを突く。CKなどセットプレーからチャンスを作り、惜しいボレーも放ったが、決定的な仕事をできなかった。
 
8 井手口陽介 5.5
G大阪の攻守両面のキーマン。後方からダイアゴナル(斜め)のロングフィードを放って揺さぶりをかけた。後半何度かバイタルエリアに飛び出したものの、脅威を与えられなかった。
 
10 倉田 秋 5.5
中央にポジションを取った際にチャンスに絡む。ムサエフらの厳しいチェックにあうなかで、鮮やかな中央突破から見せた場面があった。ただあと一歩ゴールには及ばず。守備面での貢献度も低かった。
25 藤本淳吾 5(60分OUT)
良い位置でボールを受けたが、そのあとにつなげられなかった。リズムを掴めないうちに、失点を喫してしまった。
 
FW
53 赤粼秀平 4.5 (HT OUT)
周りの選手との距離感が悪く、孤立していた印象。と、見せかけて中央に入り込んでヘディングシュートでネットを揺らしたものの、判定はオフサイド。前半での交代を余儀なくされた。
 
20 長沢 駿 5
よく身体を張ってプレッシャーを与えた。ただ、シュートまで持ち込めず(0本に終わる)、最低限求められたポストプレーでも貢献できなかった。
 
交代出場
FW
9 アデミウソン 5(HT IN)
投入直後は自由にポジショニングをとり、磐田の守備陣を引き出した。だが次第に後ろを向いてプレーする機会が多く、相手のプレッシングに苛ついて、プレーのリズムを失った。
 
DF
35 初瀬 亮 5.5(HT IN)
良いポジションでボールを受けていた。試合後に「チャンスを作れたし、アクセントを付けられた。負けたなかでも、収穫はあった」と語る。攻勢に立ちたい時に、もっとアグレッシブに向かって行きたかった。

MF
15 今野泰幸 5.5 (60分 IN)
左第5趾基節骨(小指)の骨折から復活。中央で守備をしながら、左サイドから仕掛けた。投入後にチャンスが増えたものの、ゴールをこじ開けられなかった。ボールに食らい付き切れなかった。
 
監督
長谷川健太 5.5
勝利を収めた12節・鳥栖戦から先発メンバーを変えずに臨んだ。だが相手に練られた対策を攻略できず。後半途中からは4-1-3-2にして前線を厚くしたものの、決定機も限られた。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。