『人狼ゲーム』第6弾『人狼ゲーム マッドランド』に主演する浅川梨奈 (C) 2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会

写真拡大

桜庭ななみ主演『人狼ゲーム』(13年)にはじまり、土屋太鳳主演『人狼ゲーム ビーストサイド』(14年)、高月彩良主演『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(15年)、小島梨里杏主演『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』(16年)、古畑星夏主演『人狼ゲーム ラヴァーズ』(17年)と、これまでに5本の映画が作られてきた本シリーズ。その最新作となる第6弾『人狼ゲーム マッドランド』が7月15日に公開されることがわかった。

[動画]スパガ浅川梨奈 ”やれよ!揉めよ!”の裏側/映画『14の夜』メイキング映像

上記ラインナップを見てもらってもわかる通り、今や同シリーズは、本格派女優の登竜門の1つ。そんな第6弾で主演をつとめるのは、人気アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」に所属し、“1000年に1度の童顔巨乳”の異名を持つ浅川梨奈だ。

浅川は、映画&ドラマ化された『咲 -Saki-』をはじめ、映画『14の夜』、ドラマ『幽かな彼女』など話題作に続々出演。今年放送予定のフジテレビ系連続ドラマ『ファイブ』でもヒロインの麻生ひな役を演じることが決定しており、これからの活躍が期待されている若手注目株の1人。本作が長編映画初主演となる。

共演には松永有紗、佐奈宏紀、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華など、それぞれの分野で存在感を発揮する若手俳優たちが集結している。

本作で主人公の小池萌役を演じる浅川は「錚々(そうそう)たる方々が出演してきた人狼ゲームシリーズの第6弾の主演をさせて頂けると聞いた時はものすごく嬉しかったですし、歴代の人狼ゲームシリーズが大好きだからこそ、この10人で歴代を越えたいと強く思いました。楽しみな感情の反面、プレッシャーや不安、責任を感じながら正面から小池萌に精一杯向き合いたくて、綾部監督と何度も話をしながら萌を自分の中に落としていく作業をしたのですが、とても難しくてたくさん悩み、考えました」と主演のプレッシャーや演じる難しさを吐露。

続けて「ゲームが目の前で起こっている現実に戸惑いながらも強くなっていく萌に、演じながらいろんな感情を教えてもらっています。今までの人狼ゲームシリーズとは違い、今回は『狂人村』。普通の人狼ゲームとはルールが異なるので今までとは違う感覚で楽しんで見て頂けるのではないかと思っています。ぜひ楽しみにしていてください」と意気込みを語っている。