画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●子どもの創意工夫で遊べる

○子どもの創意工夫で遊べる「プログラム済みロボットプラットフォーム」

既報の通り、ソニーは6月1日、創意工夫によっておもちゃの楽しみの幅が広がる体感型トイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」を発表した。発売は12月1日でオープンプライスとなっているが、特典付きの先行予約をソニーのクラウドファンディング&Eコマースサイト「First Flight」にて行っている。6月4日時点のラインナップと税込価格は、基本セットが28,037円または29,117円、全部セットが32,335円だ。

6月1日には、東京ビッグサイトで開幕した「東京おもちゃショー2017」で発表会も開催された。ここでは発表会の様子と展示を中心に紹介してこう。

toioは、ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」(SAP)から生まれた。SAPは社長直轄のスタートアップ支援制度でもある。ソニーの小田島氏が語った背景によると、今回のプロジェクトリーダーである田中氏のアイディアが社内オーディションで優勝し、SAPで12番目の製品としてスタートした。

toioを詳しく説明したのは、グループリーダーの田中氏だ。toioは、ロボットとなるtoioコアキューブ、toioコアキューブを操作するtoioリング、全体を制御するtoioコンソールからなり、これをtoioプラットフォームと呼ぶ。「ロボット」とはいっても、プログラミング要素はなく、対象年齢は低めだ(6歳〜)。

今回のプロジェクトは、「toioコアキューブが自分自身の位置を判定する」というブレイクスルーによって製品化されたと語っていた。詳細は省かれたが、toioコアキューブ内に光学センサーが入っており、ロボット(toioコアキューブ)を置くプレイフィールドシートに埋め込まれたパターンを読み取るのだろう。また、toioコアキューブにはかなりの高トルクモーターを使用しており、説明動画によれば200gの物体を乗せても動く。

一方、toioプラットフォームだけでは何もできない。動きのプログラムが含まれたカートリッジ、プレイフィールドシートなどが含まれた「toioタイトル」を購入することで、遊べるようになる。

●ローンチタイトルは2つ

toioと同時に、基本セットに含まれる「トイオ・コレクション」と「工作生物 ゲズンロイド」が発表された。前者はtoioの開発過程で出てきたアイディアを入れたもの、後者はユーフラテスとのコラボレーションで実現した。今後も多くの企業とコラボレーションしていくとのことで、バンダイ、ソニー・ミュージックエンタテインメントの名が挙がっていた。

toioコアキューブは単なる白い箱に見えるが、この上にいろいろな工作物を載せることで、子どもの創意工夫をカタチにできる。toioコアキューブの上には突起があり、そこに市販のブロックなどをはめ込める。toioのセットパッケージには、レゴブロックを同梱した特別版も。6月4日の時点で初回限定セットはすべて完売だが、通常版の「レゴ付き! 基本セット」(2種類あり)と「レゴ付き! 全部セット」は予約可能だ。

●買うなら全部セットか

○ゲズンロイドの動きが素晴らしい!……ので、買うなら全部セットか

グループリーダーの田中氏は、toioを「ロボットである」として、単なるリモコン動作ではないことを強調する。確かに、2つのtoioコアキューブが連携して動くという動作は、単純なリモコンでは実現できない。また、toioコアキューブ同士の絶対位置がわかる点も、多彩な動きと可能性を与えている。例えばバトル系アクションの場合、toioコアキューブ同士が軽く当たっても、大きく後退するような動きを採り入れている。

「磁石」のようなプログラムでは、toioコアキューブの向きによって、toioコアキューブ同士が吸い付いたり反発したりと、本物の磁石にかなり近い動きを見せていた。完全なリモコン動作ならば、常にリモコンを持って遊ぶことになるが、toioはリモコン(toioリング)を持たないでtoioコアキューブの動きを見たり、片方のtoioコアキューブを手に持って動かすといった使い方ができる。

筆者がとても気に入ったのは、ローンチタイトルの1つ「工作生物 ゲズンロイド」。ユーフラテスとのコラボレーションで生まれたタイトルだが、ユーフラテスはNKH教育(Eテレ)の「ピタゴラスイッチ」で多くの装置やコーナーを企画・制作している集団だ。

工作生物 ゲズンロイドは、工作とtoioコアキューブで楽しむタイトル。1枚の細長い紙で2つのtoioコアキューブをつなぐだけで、尺取虫のような動きをする「シャクトリー」や、片方のtoioコアキューブに対して常に視線を向ける「めだま生物」など、toioの楽しさを広げるパッケージだ。

toioの対象年齢は6歳〜ということで、toioコアキューブの動きを楽しむだけでなく、toioコアキューブの上に載せる工作がまた楽しい。toioコアキューブの動作時間は約1.5時間なので(内蔵バッテリー)、「電池が切れたら今日はおしまい」という家庭ルールとしても十分だろう。toioコアキューブをtoioコンソールの乗せると充電されるが、充電時間は公開されていない。ただ親の目線で、子どもに「充電はすぐに終わらないから続きは明日」と話せるのはありがたいと思う。

価格的にけっこう高いのだが(税込で30,000円前後)、家庭用ゲーム機と同じように、今後のソフトウェアタイトル拡充がカギだ。逆にいえば、ソフトウェアタイトルによって大化けする可能性を秘めている。「おもしろさ」は申し分ないので、継続的な展開と発展に期待したい。また、あくまで希望だが、3つ以上のtoioコアキューブをコントロールできるようになったり、toioコアキューブの数を追加できたりすると、可能性と楽しさがもっともっと広がるはずだ。