宮里藍のエースキャディ、ミック・シーボーン氏とタッグを組んだイ・ナリ(撮影:福田文平)

写真拡大

<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 最終日◇4日◇ヨネックスカントリークラブ(6,423ヤード・パー72)>
2013年以降優勝から遠ざかっているイ・ナリ(韓国)がリーダーボードを賑わせた。「ヨネックスレディス」最終日、1オーバー6位タイから出たイ・ナリは4バーディ・2ボギーの“70”でラウンド。今季のベストとなるトータル1アンダーの4位タイでフィニッシュした。
青木瀬令奈がツアー初優勝!歓喜の様子をLIVEフォトでお届け!
「前半すごく良いプレーができた」と出だしの1番(パー5)で3打目を1mにつけてバーディを奪うなど4バーディ。一気に優勝争いに食い込んだ。だが、「後半になっていくにつれてグリーンが重くなってスピードが変わった」。2ボギーと一転苦しみ、4年ぶりの優勝はお預けとなった。
そんなナリを今週後押ししたのが宮里藍のエースキャディであるミック・シーボーン氏。「今週のキャディを探してたら、たまたまやってもらえることになって。あんまりないチャンスなので嬉しかったです」と偶然のタッグ結成だった。
スコアはもちろん、勉強になることばかりだった。「ホントに良いイメージでできた。学んだのは特にマネジメントですね。選手としては調子が上がってくるとガンガンピンに行こうとしてしまうのですが、それを上手く抑えてくれました」。
来週の「サントリーレディス」ではその宮里が参戦することもあり、今週で一旦コンビ解消となるが、「今週良い勉強ができました。来週につなげたいですね」とミック氏からたくさん吸収した様子のナリは笑顔でクラブハウスを後にした。
【最終結果】
優勝:青木瀬令奈(-4)
2位T:蛭田みな美(-2)
2位T:西山ゆかり(-2)
4位T:堀琴音(-1)
4位T:岡山絵里(-1)
4位T:穴井詩(-1)
4位T:イ・ナリ(-1)
4位T:ペ・ヒギョン(-1)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

黄金世代の一角、イ・ナリは「まだまだ勉強中!」
「悩んでいるのも見てきた」宮里藍の引退表明に相棒もコメント
イ・ボミも喜ぶ「藍さんナイスプレー!」自身も優勝に向けて調子アップ
宮里藍の“相棒”も畑岡奈紗に太鼓判「素晴らしい可能性を秘めている」
最後に涙ぐむ…宮里藍、約45分引退会見一問一答「これ以上ないゴルフ人生」