© Escalation Studios Inc. All Rights Reserved 2016

『Please, Don’t Touch Anything 3D』は、謎のボタンとモニターが置かれた部屋で、いろいろ操作をして謎解きをしていくゲームの3D版です。

しかし、操作をしていく内にモニターに映し出される街は何度も崩壊してしまいます。

この部屋は一体なんのために存在するのでしょう……?

2D版はこちら → Please, Don’t Touch Anything: すぐ戻るけど何も触るなよ! 絶対に触るなよ!

「押すなよ!絶対に押すなよ!」ふたたび

まずは字幕を表示させよう

ゲームを始めると、街並みが映されたモニターと怪しい赤いボタンがある部屋にいるところから始まります。
3Dになったことで、周りをグルグル見渡せるようになっています。


左を見ると、同僚が「ちょっと席を外すけど何も触るなよ!」的なことを英語で言っています。
字幕がないのはちょっと辛いので、左上のメニューボタンをタップしましょう。


【TOGGLE SUBTITLES】をタップし、【SUBTITLES ON】になれば字幕が表示されます。


2D版には日本語字幕あったのに、残念なことに今回は用意されていないようです……。


とりあえず赤ボタン押してみた

はい、ということで気になる赤いボタンを押してみましょう。


シュコッと違うボタンが出てきました。
これもポチッとな。


え、ヤバい音が聞こえてきたんですけど。


ドゴォォォン!!
うわぁぁぁぁ!!!


街がぁぁぁぁぁぁ!!!!


立派なきのこ雲がそびえ立ちました。
好奇心は猫を殺すとはまさにこの事。
自分の好奇心を抑えきれずボタンを押してしまったことにより、街が滅ぶことになったのです……。

いろいろなエンディングを集めよう

本作では、街が爆発する以外にいろいろなエンディングが用意されています。

たとえば、とあることをすると出てくるボタンたち。
「DON’T DO IT!」と書かれた4つの緑のボタンを、ある順番で押すと……。


UFOが出現して一瞬で街を焼き払います。
この部屋にまでレーザー?が届いたのには驚きました。


これまたとあることをするとハンマーが手に入るので、モニターをガツッと殴ると謎のボタンが出現します。



ボタンを押すと謎の空間が出現します。
……いやこれほんとに何。


エンディングを見るとほかの操作ができなくなるので、正面の赤いボタンより下にあるRESETレバーを押しましょう。
すると、最初の状態に戻りますよ。


3Dになり謎解きの表現が一気に広がった『Please, Don’t Touch Anything 3D』。
2D版を知っている人でも謎解きの方法が変わっていたり、エンディングが増えたりしているので新たな気持ちで楽しむことができますよ!