新潟に4-0圧勝のC大阪が公式戦6連勝《J1》

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第14節のセレッソ大阪vsアルビレックス新潟がキンチョウスタジアムで4日に行われ、4-0でC大阪が勝利した。

▽ここまで7勝4分け2敗で3位のC大阪と、同2勝2分け9敗で17位の新潟が対戦した。C大阪は、2-1で勝利した前節のヴィッセル神戸戦の先発から、松田と清武に代えて田中と水沼を起用。対する新潟も変更は2カ所。右足関節インピンジメント症候群の手術を行ったGK大谷、そしてロメロ・フランクに代えてGK守田と原を起用した。

▽試合は、立ち上がりからC大阪が積極的に前へ出ていく。すると、12分に新潟を脅かす。左サイドのソウザが入れたクロスに正面の山村がヘッド。このシュートがゴール右に決まるも、ここは山村がオフサイドを取られ、得点は認められない。

▽対する新潟は、21分に反撃。ボックス左の手前から堀米がシュートを放つと、DFに当たってコースが変わる。ゴール至近距離でホニがこぼれ球を押し込みにかかるが、これはGKキム・ジンヒョンの好ブロックに阻まれてチャンスを生かせない。

▽ゴールレスのまま迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。C大阪は、65分に杉本に代えて澤上を投入。積極的にゴールを狙うと、67分にCKからボックス内でマテイ・ヨニッチがソン・ジュフンに倒されてPKを獲得する。キッカーの柿谷がこのPKを冷静に沈めて、C大阪が試合の均衡を破った。

▽ビハインドを背負った新潟は、70分に同点弾のチャンス。ボックス右手前のチアゴ・ガリャルドが、ゴール右上隅を捉える鋭いミドルシュートを放つ。しかし、これはGKキム・ジンヒョンのビッグセーブに遭い、ゴールとはならない。

▽すると、C大阪が追加点を奪う。ボックス左で水沼が入れたクロスにファーサイドの山下が頭で合わせる。このヘディングシュートが決まり、C大阪がスコアを2-0とした。

▽完全に勢いに乗ったC大阪は80分、ボックス左に走り込んだ山村に柿谷がFKからクイックリスタートでパス。ボールを受けた山村がそのままシュートをゴールに流し込み、3-0とする。

▽その後、86分にペナルティアーク手前からソウザが壁を越す直接FKで今季初ゴールを記録したC大阪は、新潟の反撃をシャットアウトして逃げ切り。リーグ戦4連勝、公式戦では6連勝となる白星を手にした。