「レッドブル・エアレース千葉2017」で東京湾上空をデモ飛行する零戦(2017年6月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】旧日本軍の戦闘機「零式艦上戦闘機(零戦、ゼロ戦)」が3日、航空機レース「レッドブル・エアレース千葉2017(Red Bull Air Race World Championship 2017)」の企画でデモ飛行を行い、東京湾(Tokyo Bay)上空を飛んだ。レプリカを除けば世界に4機しか現存しない飛行可能な零戦の1機で、パプアニューギニアで発見された残骸から復元された。
【翻訳編集】AFPBB News