わたしたちが普段行っている運動やトレーニングは、道端の歩道だったり、公園だったり、ジムなどのトレーニング施設であったりがほとんどですよね。こういった場所で運動やトレーニングを行うだけでも十分な運動能力向上や健康効果などが期待できるのですが、高地での運動やトレーニングであれば、更に大きな効果が期待できるのです。そんな高地で行うトレーニング「高地トレーニング」についてご紹介しましょう。

高地トレーニングはプロのアスリートも取り入れている

高地トレーニングとはその言葉通り、高地にてトレーニングを行うことを指します。高地は低圧で低酸素で低温な苛酷な環境であるため、ここでトレーニングを行うことで通常よりも身体に大きな負荷を与えることができるのです。高地とはいっても中途半端な高地では意味がありません。具体的には1,500m〜3,000mほどの高地で行うと非常に効果的であるとされます。ちなみに短距離走選手やマラソン選手がこの高地トレーニングを実施していることでも知られています。

高地トレーニングを行うメリット

高地トレーニングを実施すると血液中のヘモグロビンが上昇し、体中に酸素が行き渡りやすくなります。更に酸素の薄い高地環境に身体が順応するため、必然と酸素摂取量が高まります。人体の酸素運搬能力は身体の代謝促進やパフォーマンスの向上に繋がりますし、酸素摂取量の増加はスタミナの向上にも繋がります。そう、早い話高地トレーニングを行うだけで脂肪が燃焼しやすくなったり、運動能力が向上したり、持久力が向上したりするということです。ちなみに高地トレーニングだと30分歩行するだけで、平地トレーニングの2時間分に相当するというデータもあります。しかし非常に効率よくトレーニングが行える高地トレーニングではありますが、高地という苛酷な環境であるため決して楽なものではないことは知っておかねばなりません。

専用のトレーニング施設を完備しているところも

それなら早速高地トレーニングに挑戦してみたいという方。高地トレーニングを行う方法としては、十分な標高のある実際の登山コース等を利用する方法、そして実際の高地環境を再現したトレーニング施設を利用する方法の2つがあります。近くに十分な標高の登山コースがないという方は、近場の高地環境を再現したトレーニング施設を利用するといいでしょう。高地トレーニングは身体にかかる負荷が大きい以上、それなりの過酷さを孕んでいるので、覚悟を持った上で高地トレーニングに挑戦するようにしてください。しかし少ない時間で効率を上げたい人や、より本格的なトレーニングをしたい人には大人気の高地トレーニングです。


writer:サプリ編集部