米国男子ゴルフツアー、ザ・メモリアルトーナメント3日目に臨むダニエル・サマーヘイズ(2017年6月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアー、ザ・メモリアルトーナメント(The Memorial Tournament 2017)は3日、オハイオ(Ohio)州ダブリン(Dublin)のミュアフィールド・ビレッジGC(Muirfield Village GC)で3日目が行われ、ダニエル・サマーヘイズ(Daniel Summerhays、米国)が2位と3打差の単独首位に躍り出た。

 トップでスタートしたジェイソン・ダフナー(Jason Dufner、米国)は5オーバー「77」とスコアを落とし、前日を終えた時点で維持していた5ストロークのリードを失った。

 PGAツアー初タイトルを目指すサマーヘイズは、ダフナーが4連続ボギーを犯したのに加え、自身も5番ホールでバーディーを奪い、序盤の5ホールで首位と並ぶことに成功した。

 この日を4アンダー「68」で回ったサマーヘイズは、「67」をマークした2013年大会覇者マット・クーチャー(Matt Kuchar、米国)を3打差の2位に抑えている。

 3位タイのグループには、マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament)通算2勝のバッバ・ワトソン(Bubba Watson、米国)とダフナー、そしてジャスティン・トーマス(Justin Thomas、米国)が入っている。
【翻訳編集】AFPBB News