コーヒーミルは、いつも清潔に!

朝のコーヒータイムを大切にしているなら、コーヒーミルは毎日洗剤できちんと洗って。実はこれがとっても重要なのだ。「グッド・ハウスキーピング研究所」のクリーニング実験室の室長、キャロライン・フォートさんは「コーヒーから出た油分をそのままにしておくと、イヤな臭いが発生して新鮮なコーヒーの味を劣化させます」と話している。

グリルの汚れはきちんと落とす

「前回、調理した食べ物がこびりついたままだったり、焦げついていたりすると、新しい食べ物にその臭いが移ってしまいます」とフォートさん。グリルの汚れは、柄付きタワシか丸めたアルミホイルでこするとよく落ちる。

スキレットは手洗いがマスト

スキレットを中性洗剤で洗うのはOK。でも、食洗機を使うのは、絶対にNG!
「食洗機で洗うと、サビ止めのシーズニングが落ちてしまうんです」と、「グッド・ハウスキーピング研究所」のキッチン用品&テクノロジー室長のシャロン・フランキさん。シーズニングはスキレットに食べ物がこびりつくのを防ぐ役割もあり、それが取れてしまうと、料理に均等に火が回らなくなることも。

香りの強い洗剤は、ほどほどに

洗剤なら何を使ってもいいって思ってる? 「洗剤の香りが強すぎて、その匂いが食器に移ってしまうという声をよく聞きます」とフォートさん。石けんの香りがするパスタ、食べたい人っている?

オーブンの汚れを持ち越さない

オーブンの汚れを明日の朝まで放っておいちゃダメ! 「ついた汚れは時間が経つと落ちにくくなり、悪臭を放ちます。次にオーブンを使うとき、新鮮な食材にもその臭いや味が移ってしまいますよ」とフォートさん。

すすぎは、しっかりと!

毎日の洗浄で落としきれないコーヒーメーカーの汚れを、月に一回、お酢やクエン酸でしっかり落とすのは、すばらしい心掛けだ。だけど、もし今朝のコーヒーがいつもよりおいしくなかったら、すすぎが足りないのかも。お酢の匂いが消えるまでしっかり洗いそう。