レース走行を想定した大型スーパースポーツモデル登場!

写真拡大

ホンダは、大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」を2017年6月5日に商談受付を開始する。

「CBR1000RR SP」をベースに、サーキット走行やレースでの使用を想定し、吸・排気バルブと燃焼室を新たに設計。さらなる性能アップを図った大型スーパースポーツモデルだ。

「同 SP」は、クラス最軽量の車両重量とマス集中化がもたらす軽快性、さらに出力アップと扱いやすい特性を併せ持ったパワーユニット、新たな電子制御技術などが特長だという。

「同 SP2」は、レーシングマシンへのモディファイを前提にシリンダーヘッド、ピストンなどを専用設計とし、より軽量なマルケジーニ製の前後ホイールを採用するなど、サーキット走行やレースでの使用時のポテンシャルアップを図った特別仕様になっている。

カラーはレッドを基調としたカウリングにカーボンパターンとしたブルーのグラフィックをあしらい、ゴールドのラインをプラスした専用カラーリング「ヴィクトリーレッド」の1色を設定した。

購入の際は、ホンダのホームページ内専用サイトで商談申し込みが必要。受付期間は17年6月5日〜26日(限定台数を上回る申し込みがあった場合、厳正なる公開抽選を実施予定)。

価格は302万4000円(税込)。