江戸時代中ごろ、落語などが催される演芸場は「寄せ場」と呼ばれた。(AFLO=写真)

写真拡大

経済成長が必要かどうかという論争がある。日本の人口は減少に転じ、少子化の中、労働力人口も少なくなってくるので、かつての高度経済成長時代のような成長を続けるのは難しいかもしれない。もちろん、人工知能に象徴されるイノベーションは起こるだろうから、経済成長を最初から諦めることはない。1人当たりの国内総生産を高めるなどの政策は、これからも必要だろう。

それでも、低成長時代をどう生きるかという「知恵」を磨いておくことには意義がある。ビジネスにおいて、自分が発展すること、社会や国が成長することを目指すのは当然として、もし低成長になっても、人生を楽しみ、幸せに暮らす技を持っておくに越したことはない。

低成長時代の幸せのあり方を探るうえで大いに参考になるのが「落語」である。

落語が生まれ、育った江戸時代は、元禄など経済規模が大きくなった時期もあったとされ、必ずしも低成長だったとも言い切れない。しかし、古典落語の中に、生活をつましくしかも楽しく暮らす知恵がちりばめられていることも事実である。

例えば、「長屋の花見」。古典落語の中でも最も有名な演目の1つで、聴いたことがある人も多いだろう。

長屋の住人たちが、大家さんに呼び出される。家賃の催促だと思ったら、花見に行こうと言う。世間が貧乏長屋だと馬鹿にして悔しいから、振り払うためにパーッと景気をつけようというのである。

ところが、大家さんが用意したお酒は、お茶を薄めたもの。かまぼこは大根で、卵焼きはたくわん。つまりすべて偽物だけれども、本物のふりをして、世間に見栄を張ろうというのである。

一行は上野に花見に出かける。お茶を飲んで酔ったふりをしたり、どこかにご馳走が落ちていないかときょろきょろしたりと大騒動。

最後は、住人の一人が「これからこの長屋にいいことがありますよ。なぜって、酒柱が立っています」と言ってオチとなる。ほんとうは茶柱なのだけれども、お酒のふりだというので洒落たのである。

他愛もない話だが、聴いているととても楽しい。描かれている長屋の住人たちの心もいきいきと感じられる。むしろ、現代では失われてしまった幸せのかたちがそこにあるとさえ感じられるのである。

落語「長屋の花見」のポイントは、いくつかある。まずは、物質的に恵まれてなくても、工夫することの大切さ。花見のポイントは文字通り花を見ることであり、お茶やたくわんだけでも、楽しいことには変わりがない。

次に、仲間がいることの大切さ。長屋の住人や大家さんは、わいわいがやがや、いろいろと雑談をして、それが実は楽しい。逆に、本物のお酒やかまぼこ、卵焼きがあっても、一人で花見をしていてはそんなに楽しくない。

何よりも「長屋の花見」の登場人物たちは、楽観的である。人生を前向きに楽しむことを知っている。だからこそ、その様子がいきいきと聴く者に伝わってくるのである。

「長屋の花見」に限らず、落語は、人の欠点にやさしい。主要な登場人物の一人、「与太郎」はダメ人間だが、周囲の人間が親切に接する。

決して、能力や経済効率だけで人間を判断しない。落語のそんな知恵は、これからの私たちが1番大切にすべきことの1つなのではないか。

(脳科学者 茂木 健一郎 岡村隆広=撮影 AFLO=写真)